IkiAtariBattari na Live 皐月の巻 partⅡ

2017年5月21日(日) 18:30 コンチェルト IkiAtariBattari na Live 皐月の巻 partⅡ

第1部
 Silvery Tide/川崎祥子
 リトル・マーメイド/メンケン
 大好き/岡村靖幸
 ヴァニティ・エンジェル/土橋安騎夫
 見よ、勇者は帰りぬ (得賞歌)/ヘンデル
第2部
 フラワー/音妃
 木蓮の涙/柿沼清史
 ウォーターメロンマン/ハンコック
 もののけ姫メドレー/久石譲
 森のくまさん/アメリカ民謡
第3部
 紅風/川崎祥子
 ソング フォア ポセイドン/岩代太郎
 空深し/川崎祥子
 君の瞳に恋してる/クルー&ゴーディオ
 ハレルヤ・アイ・ラヴ・ヒム・ソー/チャールズ

川崎祥子(Pf)

柏崎より戻り、車を駐車場に入れて、徒歩でコンチェルトさんへ。開演20分前に到着。
感想は、「めくるめく鍵盤のマジックを楽しむ」です。
ゆるゆると始まった第1部はオリジナルの「Silvery Tide」から。波間に光る陽光が弾(はじ)け、水遊びを楽しむ子供が映し出されて、煌めく風景を綴りました。続いて映画「リトル・マーメイド」の音楽。水中から湧き上がる泡たちが集い、美しい輝きを乱反射して、まるっと一つに収斂(しゅうれん)しました。次は前回の宿題、岡村靖幸の「大好き」。駄々をこね、悪戯(いたずら)を仕掛けて弾(はず)み、イカしたビートで飛ばしました。さらにレベッカの「ヴァニティ・エンジェル」になると、にこやかに切なさを見せ、力いっぱいに入れ込んで、カッコよく仕上げました。第1部の最後は観客のお一人が将棋の大会で優勝したのを記念して、ヘンデルの"得賞歌":「見よ、勇者は帰りぬ」。ゆっくりと始まり、フレーズを切り貼りし、緩急を付けて振り回し、ご機嫌にスイングして、栄光を讃えました。
休憩を挟んで第2部は、リクエストに応えてKinki-Kidsの「フラワー」。軽やかに弾(はず)んで、楽しさを盛り上げました。続いてスター・ダスト・レヴューの「木蓮の涙」。抒情の調べが、しとしとと雨を降らせました。ここで気分を変えて、ハービーハンコックの「ウォーターメロンマン」。紫の響きが爆(は)ぜ、切れ切れに千切られて、リズムの饗宴を演出しました。さらに別な方のリクエストで「もののけ姫」メドレー。透き通る悲しみが、谷間を渡り、宝石を撒き散らして、清廉な霧で満たしました。第2部の最後は「森のくまさん」。足早に駆け抜け、お道化た表情で惚(とぼ)けました。
2回目の休憩後、第3部はCDに入っている「紅風」から。澄み渡る青空を見渡し、活発に躍動して、憧れを解き放ちました。続いて岩代太郎の「ソング フォア ポセイドン」。深く濡れた優しさで描き、美しさを聴衆の心へ沁み込ませて、心を鷲掴みにました。次は三度の自作曲「空深し」。水晶の欠片(かけら)が集合離散し、光彩を描写して、散り散りに乱反射しました。そしてこれも前回からの持ち越しの「君の瞳に恋してる」。キラキラとポップに、ときめきを伝えました。最後はしレイチャールズの「ハレルヤ・アイ・ラヴ・ヒム・ソー」。調子っぱずれを装い、ウキウキと跳ねて、喜びを分かち合いました。
行き当たりばったりのため、アンコールはありませんでしたが、にこやかな雰囲気の中、笑顔溢れる終演となりました。
その場で出たリクエストをできる限り応え、馴染みの観客の好みを読み取って、自在に執り行われるこのライブは、21世紀の新潟でのサロンコンサートにも匹敵する素晴らしいものであることに感謝して、喜ばしい気分で帰路に付きました。
スポンサーサイト

第11回しおかぜコンサート ラシック、シンフォニック・ポップス あの名曲

2017年5月21日(日) 14:00 柏崎市文化会館アルフォーレ大ホール 第11回しおかぜコンサート クラシック、シンフォニック・ポップス あの名曲

第一部:クラシック名曲集
 「水上の音楽」より/ヘンデル
  Allegro(アレグロ)
  Air(エア)
  Allegro deciso(アレグロ・デチーゾ)
 管弦楽組曲第3番より アリア/J.S.バッハ
 悲しきワルツ/シベリウス
 カレリア組曲より 行進曲風に/ 〃 
 愛のあいさつ/エルガー
 行進曲「威風堂々」第1番ニ長調/ 〃
第2部:シンフォニックポップスへのお誘い
 76本のトロンボーン(ミュージカル「ミュージックマン」より)/ウィルソン アンダーソン編
 「サウンド オブ ミュージック」セレクション/ロジャース ベネット編
 ムーンリバー(映画「ティファニーで朝食を」より)/マンシーニ モス編
 「ウエストサイド物語」セレクション/バーンスタイン メイソン編

柏崎フィルハーモニー管弦楽団
丸山嘉夫(指揮)

ヤマハを出て、高速を一路柏崎へ。開演35分前に到着。
感想は、「耳馴染みのある名曲と、節度あるポップスの響きを楽しむ」です。
第1部はヘンデルの「水上の音楽」から3曲。柔らかい毛並みで包み、風に揺る弓遣いで飾るアレグロ。ゆったりと鼈甲(べっこう)色の筆跡を残すエア。金色の気柱で貫(つらぬ)き、快活にさざめきを交わすアレグロ・デチーゾ。軽やかで涼やかに明るさを届けました。続いてバッハの「G線上のアリア」。しめやかに影を纏(まと)って、静々と歩みを進めました。次はシベリウスが2曲。「悲しきワルツ」を俯(うつむ)いたまま語り出し、顔を上げて喜びを懐かしみ、スカートの裾(すそ)を靡(なび)かせて舞い、霧の中に迷い込んで、儚(はかな)く消え去りました。続く「行進曲風に」では、碧(みどり)の風を吹かせ、希望の灯火(ともしび)を掲(かか)げて、輝きを放ちました。前半最後はエルガーの代表作が2つ。「愛のあいさつ」を甘やかな優しさで、揺り籠(かご)を揺らし、「威風堂々」になると、自信たっぷりに押し出し、賑やかに囃(はや)し立て、胸を締め付ける熱情で歌い上げ、がっちりと締めくくりました。
休憩を挟んで第2部はシンフォニック・ポップス。最初はミュージカル「ミュージックマン」より「76本のトロンボーン」。陽気に練り歩き、名旋律に悪戯(いたずら)を施して切り貼りし、楽しげに燥(はしゃ)ぎました。続いて「『サウンド オブ ミュージック』セレクション」。大きくうねる波を模(も)し、様々な想いを塗り分け、愉快な仲間との交わりを奏で、感情の昂ぶりをアツく盛り上げて、大気を震わせました。次は映画「ティファニーで朝食を」より「ムーンリバー」。遥かなる憧れを甘美な流れに乗せて、切なくも美しく仕上げました。プログラム最後は「『ウエストサイド物語』セレクション。厚き鋼の板で仕切り、夏の夜のやるせなさを漂わせ、洗練された街並みを描き、ならず者の影を映し、派手な決闘を演出し、激しく沸き立って、場面を更新しました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールは「映画『いそしぎ』のテーマ」。気怠(けだる)い軽さで、甘やかに届けて、気分良い終演となりました。
親しみやすいクラシック、砕けすぎない上質のポップスでオーケストラの響きを聴衆に届けるこの催しは、本格的なコンサートへの素敵な招待状であり、人々に音楽の喜びを与える貴重な機会であることを確認して、新潟へと車を飛ばしました。

管楽器フェア ミニコンサート

2017年5月21日(日) 11:30 ヤマハミュージックリテイリング新潟店7階 スペースY 管楽器フェア ミニコンサート

春の歌/メンデルスゾーン
ヴェニスの謝肉祭/ブリチャルディ
白つぐみ/ダマレ
ロンドンデリーの歌/アイルランド民謡
美女と野獣/メンケン
花は咲く/菅野よう子

金子由香利(Fl)
小林浩子(Pf)

所用を済まし、ヤマハ新潟店へ。開演20分前に到着。
感想は、「白金の響きの笛の音(ね)としっかりと支える鍵盤の奏でに感動する」です。
まずはメンデルスゾーンの「春の歌」。ゆったりと涼しげに舞い、優しく歌って、聴衆の心を鷲掴(わしづ)みにしました。続いてブリチャルディの「ヴェニスの謝肉祭」。楽しげな旋律から、無数の枝葉が芽吹き、ふんわりと繁茂(はんも)し、細やかに飾りを付けて、鮮やかに駆け抜けました。ここでフルートからピッコロに持ち替えて、ダマレの「白つぐみ」。野山への行楽へと心弾(はず)む気分を、明るく盛り立て、急ぎ足で繊細に刻んで、高く囀(さえず)りました。フルートに戻って、親しみ易い曲が3つ。「ロンドンデリーの歌」が曇り空に飛ぶ綿毛のように、柔らかに懐かしさを運ぶと、「美女と野獣」を気品高く、大らかに振舞い、最後は「花は咲く」で切なさに裏打ちされた明るさを大切に届けて、感動を誘いました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールはビゼー「アルルの女」から「メヌエット」。美しさを際立たせて、にぎにぎしく終演となりました。
楽器店の管楽器フェアの催しとして行われたこのコンサートは、楽器の持つ可能性と美点をいやがうえにも強調し、さらに音楽の素晴らしさを伝える見事なものであったことに感嘆して、会場を後にしました。

新潟室内合奏団第74回演奏会

2017年5月20日(土) 18:45 新潟市音楽文化会館 新潟室内合奏団第74回演奏会

スコットランド序曲「高地にて」Op.7 /ゲーゼ
 アンダンテ-アレグロ・モデラート-アレグロ・ディ・モルト
ピアノ協奏曲第1番ト短調Op.25/メンデルスゾーン
 第1楽章:モルト・アレグロ・コン・フォコ
 第2楽章:アンダンテ
 第3楽章:プレスト- モルト・アレグロ・エ・ヴィヴァーチェ
交響曲第4番「イタリア」Op.67/ 〃
 第1楽章:アレグロ・ヴィヴァーチェ
 第2楽章:アンダンテ・コン・モート
 第3楽章:コン・モート・モデラート
 第4楽章:サルタレッロ:プレスト

小黒亜紀(Pf)
新潟室内合奏団
髙橋裕之(指揮) 

仕事を終えて、音楽文化会館へ。開演20分前に到着。
感想は、「地元のソリストとオーケストラの織りなす息を呑む展開に興奮する」です。
まずはゲーゼの「スコットランド序曲『高地にて』」。穏やかな海辺で、潮の満ち干が緩やかにさざめき、やがて走り出して、弾(はず)む息吹と弓の冴えが互いに呼応し、掛け合って、賑やかに沸き立ちました。続いて独奏者が登場し、メンデルスゾーンの「ピアノ協奏曲第1番」。疾風が駆け抜け、嵐が窓を叩いて、猛然と突き進み、時にしなやかで端正な美しさを鏤(ちりば)めて、脱兎のごとく通り過ぎる第1楽章。麗(うら)らかなまどろみを誘い、控えめに煌めいて、ゆったりと仕上げる第2楽章。稲妻が走り、雷鳴が轟(とどろ)いて、快速で飛ばし、人馬一体で遮(さえぎ)るものを振り切って、果敢に攻め上がる第3楽章。軽やかで、力強く、技と歌心を十二分に発揮して、素晴らしい協奏曲を作り上げました。
休憩を挟んで後半は同じ作曲家の「交響曲第4番『イタリア』」。陽光を撒き散らし、溌剌とした勢いで生きいきと輝き、生命(せいめい)の奔流が湧き出でるアレグロ。煉瓦色の翳りを纏(まと)い、一歩一歩確実に足取りを進め、秋色の風を吹かせるアンダンテ。涼やかで濃厚に筆を使い、優雅で爽やかに舞って、柔らかな角笛を響かせるモデラート。足早に追い込み、迫りくる暗雲と戦って、懸命に刻み、熱狂の花を咲かせるサルタレッロ。容易に落とせそうに見えて、実は難攻不落な城に、決死の覚悟で向き合い、持てる力を振り絞って、見事陥落させ、輝ける勝利を掴(つか)みました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールが2曲。「無言歌」から「春の歌」が可憐(かれん)に、「真夏の夜の夢」から「夜想曲」が、そっと戦いの傷をいやすように奏でられ、穏やかな終演となりました。
地元で活躍するソリストを迎え、地域一体で音楽を作り上げる姿に、大いに感動して、喜ばしい気分で、家路を急ぎました。

高垣千枝 講師開業25周年記念演奏会 vol.1 春の宵 音の花束

2017年5月19日(金) 18:45 りゅーとぴあスタジオA 高垣千枝 講師開業25周年記念演奏会 vol.1 春の宵 音の花束

第1部
 ソナタ ヘ長調 Op.1-11/ヘンデル
 オペラ「エジプトのジュリオ・チェーザレ」よりクレオパトラのアリア「我が運命に涙する」/ 〃
 フルートソナタ「ウンディーネ」/ライネッケ
第2部
 2台のクラヴサンによるアルマンド イ長調/プーランク
 いとしい人よ/ジョルダーニ
 フルートとハープのための協奏曲 K.299/モーツァルト
 あなたがそばにいてくだされば/シュテルツェル

高垣千枝(Fl)
李玹承(S)
金子禎子(Pf)
笠原恒則、佐藤世子(Cemb)

仕事を終えて、りゅーとぴあへ。開演20分前に到着。
感想は、「暖かい人の繋がりに満ちたひとときを楽しむ」です。
まずはヘンデルの「ソナタ」。明るく温もりのある息吹が穏やかに歩む第1楽章。駆け足で光を振りまく第2楽章。翳りを帯びてゆっくりと進む第3楽章。快活に前進する第4楽章。チェンバロの奏でに乗って、軽やかに舞い踊りました。続いてソプラノが加わっての「我が運命に涙する」。焔(ほのお)の長い舌がゆらゆらと燃え、暖かな筋雲と悲しみの声音(こわね)が絡み合い、時に急いで、嫋(たお)やかに降り立ちました。前半最後は伴奏がピアノに変わってのライネッケの「ウンディーネ」。大きくうねる夜の海を、涼やかに滑空する軌道を描く第1楽章。軽々と泡が弾(はじ)けて、やがて速度を落とし、再び走り出して、輝きを放つ第2楽章。優しく労(ねぎら)い、生きいきと泡立つ第3楽章。荒れる波頭を、するりと旋回し、静かに凪(なぎ)へと着地する第4楽章。気持ちを込めて、物語を描きました。
休憩を挟んで後半はプーランクの「2台のクラヴサンによるアルマンド」。優雅で繊細に綴り、薄っすらとした霧雨が、淡く空間を飾り付けました。次はソプラノとピアノでジョルダーニの「いとしい人よ」。清らかで純粋な願いを訴え、伽藍に響く鐘に乗せて、想いを届けました。次はハープをチェンバロに変えてのモーツァルトの「フルートとハープのための協奏曲」。天真爛漫に満たし、錦の綴れ織を編み上げて軽やかに飛翔するアレグロ。爽やかな切なさをゆったりと伸ばすアンダンティーノ。無邪気に燥(はしゃ)ぎ、流麗に生命(いのち)の奔流を伝えるロンド。ピアノを細やかに縁取るもう一台のチェンバロと相まって、華やかな宴を演出しました。最後は出演者全員でシュテルツェルの「あなたがそばにいてくだされば」。柔らかで慈愛深く、親しみを彩って、全編を締めました。
会場からは大きな拍手が贈られ、祝福と称賛の思いを伝えて、穏やかに終演を迎えました。
長いキャリアで培(つちか)われた様々な繋がりを生かし、ヴァラエティに富んだプログラムで楽しませて頂いたことに感謝し、家路を急ぎました。