FC2ブログ

善性寺 報恩講の夕べ

2018年10月15日(月) 19:15 善性寺本堂 善性寺 報恩講の夕べ

初恋/越谷達之助
野薔薇/山田耕筰
アマリッリ/カッチーニ
赤とんぼ/山田耕筰 矢代秋雄編
声明
アヴェ・マリア/*****
もみじ/岡野貞一
無伴奏フルート・ソナタ イ短調 Wq132/C.Ph.E.バッハ
七つの子/本居長世

永桶康子(S)
浅利守宏(Fl)
青柳佐和子(Pf)

仕事を終え、バイパス経由高速で三条へ。開演15分前に到着。
感想は、「お寺の本堂で聞く麗しき歌声とフルートに癒やされる」です。
まずは石川啄木の詩に越谷達之助が曲を付けた「初恋」。静かに寄せる波を背に、淡い哀しみが揺蕩(たゆた)い、細長い旗が風に揺らめきました。続いて山田耕筰の「野薔薇」。はらはらと花びらが散り、温もりを届ける日差しが嬉しさを運びました。次はカッチーニの「アマリッリ」。ゆっくりと影を纏い、光を受けながら、一歩ずつ階梯を登りました。ここでフルートが登場し、童謡の「赤とんぼ」。夕暮れの色合いの変わりようが、一息ごとに移り変わり、段階的に上昇して、高みを目指し、鮮やかに輪舞しました。
休憩を挟んで後半は住職による声明から。おごそかに始まり、大きく伸び上がって、教えを届けました。続いて「アヴェ・マリア」。甘やかさに裏打ちされた悲しさを、やさしく穏やかに歌い、高らかに響かせました。ここで会場を巻き込んで「もみじ」を合唱するコーナー。フルートとピアノの伴奏に合わせ、心を一つにして、秋の情景を唱和しました。さらにフルート独奏でC.Ph.E.バッハの「無伴奏フルート・ソナタ」。翳りを宿し、孤高の道程を一歩一歩踏み締め、毅然(きぜん)とした足取りで、乾いた荒野を進みました。プログラム最後は全員で「七つの子」。涼しげな水玉で飾り、そよぐ涼風(ずずかぜ)が吹き過ぎて、艶(つや)やかに、寂しさを嬉しさに変えました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールは「ふるさと」。会場からの歌声も誘(さそ)って、にぎにぎしく終演となりました。
三条市にあるお寺での報恩講に合わせて行われたこのコンサートが、集まった人々の心に暖かい想いを届けていたことを確認して、喜ばしい気分で帰りのハンドルを握りました。
スポンサーサイト

田中弦楽アンサンブル第24回演奏会

2018年10月13日(土) 18:00 だいしホール 田中弦楽アンサンブル第24回演奏会

弦楽五重奏曲第9番 ホ長調 Op.13-5/ボッケリーニ
弦楽四重奏曲第9番 ハ長調 Op.59-3 「ラズモフスキー第3番」/ベートーヴェン
ピアノ四重奏曲 変ホ長調 Op.47/シューマン

高木明子(Pf)
田中久生(Vn)
田中多恵(Vn,Va)
竹内由木子(Va)
安部信之介、福島ひろみ(Vc)

りゅーとぴあから戻り、ブログの準備をして、だいしホールへ。開演20分前に到着。
感想は、「眩(まばゆ)いばかりの弦楽器の響きに心を奪われる」です。
まずはボッケリーニの「弦楽五重奏曲第9番」。ゆっくりと艶(つや)やかに始まり、張りのある流速で滔々(とうとう)と海へ注(そそ)ぎ、細やかに絡み合うアモローソ。爽々(さやさや)と追い掛け合い、するりと抜け出す流線型が淀(よど)み無く前を向いて、誇らしげに歌う枝ぶりと相まって、足早に進むアレグロ。妙なる調べを泡立ちが支え、膨(ふく)よかな旨味で仕上げて、控えめに様子を伺(うかが)うメヌエット。快活で潔(いさぎよ)く駆け出し、豊かな厚みを生み出して、僅(わず)かな愁いの表情を見せて、濃く深く紡ぎ出すロンド。明るさを背に、端正でほっこりとした佇まいで、古典の名作を認(したた)めました。続いてベートーヴェンの「弦楽四重奏曲第9番」。張り詰めた緊張がその場を支配する中、ゆっくりと様子を見ながら立ち上がって、清冽な滴(したた)りを迸(ほとばし)らせ、順番に駆け出して、光の剣(つるぎ)を構え、木の柄の斧と対峙して、鍔迫り合いを演ずる第1楽章。雨上がりの薄暗さに寄り添い、鮮やかさを焙(あぶ)り出して、微(かす)かな憂鬱を見せ、ゆっくりと中空に浮かんで、消え入るように点描する第2楽章。脈々とした峰を遠望し、波に揺れる小舟に乗り込んで、厚手の油脂を塗り込め、細やかに紋様を編み込む第3楽章。人知れず立ち上がり、一人だけで駆け出すと、次々に後を追い、切迫した面持ちで追い掛けて、幾重にも重なり合い、奪い取った球形を互いに回し合って、一点へ収束する第4楽章。響きを巡る闘争を卓越した手腕で描き出しました。
休憩を挟んで後半はシューマンの「ピアノ四重奏曲」。快活に弾(はじ)ける若さの漲(みなぎ)りを、浪漫の香りで包む序奏から、瑞々(みずみず)しい雫(しずく)を撒き散らして、溌剌とした息吹で彩り、骨太の勢いで奏でるアレグロ。細やかに刻み、ゆっくりと舞い、薄っすらと翳りを映して、忙しげに立ち去るスケルツォ。まろやかに愁いを照らし、ゆっくりと優しさを描いて、豊かな実りを輝かせるアンダンテ。開放的な奥行きを展開し、目眩(めくるめ)く速さで疾走して、一つに重なり合い、波打つ鼓動に乗って、なだらかに滑り降り、所々で渦を巻いて、忍び寄る影を耀きの刃(やいば)で切り結ぶヴィヴァーチェ。内に抱える憂愁を輝く光彩で打ち消し、希望の灯火を熱情を込めて掲げました。
会場からは大きな拍手が贈られ、聴衆を魅了する素晴らしい成果を大いに讃えました。
良質の室内楽を快い奏でで、大いに堪能できたことに感動して、喜ばしい気分で家路を急ぎました。

メープル・ストリング・アンサンブル 第13回定期演奏会

2018年10月13日(土) 14:00 新潟市民芸術文化会館スタジオA メープル・ストリング・アンサンブル 第13回定期演奏会

旅愁/オードウェイ
弦楽四重奏曲 op.3-5 全楽章/ハイドン
フルート協奏曲 第3楽章/シュターミツ
サウンド・オブ・ミュージックより/ロジャース 横山淳編
 ドレミの歌
 私のお気に入り
 ひとりぼっちの羊飼い
 エーデルワイス
 もうすぐ17才
 すべての山に登れ
ロンドンデリー/アイルランド民謡
ハナミズキ/マシコタロウ
牧場の朝/船橋栄吉
花は咲く/菅野よう子

日比野愛子(S)
堤敏之(Fl)
メープル・ストリング・アンサンブル

休養日2日目もゆったりと過ごし、昼食を採って、コンチェルトさん経由りゅーとぴあへ。開演40分に到着。
感想は、「真剣に、しかも和気藹々(わきあいあい)とアンサンブルする姿に思わず微笑む」です。
第1部最初は「旅愁」から。しみじみと涼しさを伝え、彩りを重ねました。続いてハイドンの「弦楽四重奏曲」。明るく喜びを弾ませ、ときに翳りを見せる第1楽章。麗しき調べを泡立ちで刻む第2楽章。一心に櫓を漕いて、水面を分ける第3楽章。楽しげに飛び跳ねて、譲り合いながら、親密に掛け合う第4楽章。日の当たる木陰の眩しさを伝えました。第1部最後は団員のソリストによるシュターミツの「フルート協奏曲」から第3楽章。快活に舞い、涼やかに吹き過ぎて、大空へ羽撃(はばた)きました。
休憩を挟んで第2部はソプラノが登場し、まずは「サウンド・オブ・ミュージック」。お馴染みの旋律が青く嫋(たお)やかな山々を映し、そして始まる「ドレミの歌」。嬉しさを表して、声を弾ずませると、「私のお気に入り」をちょっと俯(うつむ)いて、寂しさを香らせ、「ひとりぼっちの羊飼い」を揺れながら、細やかに震わせ、「エーデルワイス」では、ゆったりと清らかに歌いました。さらに「もうすぐ17才」を可愛らしく伝え、「すべての山に登れ」を、大らかに響かせました。続いてアイルランド民謡の「ロンドンデリー」。透き通る菫(すみれ)色の郷愁で鮮やかに彩りました。弦楽合奏に戻って、一青窈の「ハナミズキ」。鍵盤による氷の欠片(かけら)がキラキラと瞬(またた)き、涼やかな願いを奏でて、そこはかとない慰めで包みました。
ここからは"みんなで歌いましょう"のコーナー。「牧場の朝」で草原の広大さを映し、「花は咲く」で優しさで相和(あいわ)しました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールはモーツァルトの「ディヴェルティメント」。爽やかに届けて、にぎにぎしく終演となりました。
日頃の練習の成果を力一杯に発揮して、聴衆と一緒に愉しみを分かち合おうという努力の結晶を目撃できたことに感謝して、喜ばしい気分で帰路に付きました。

ワルター・アウアー meets シュトゥットガルト室内管弦楽団

2018年10月12日(金) 19:00 新潟市民芸術文化会館コンサートホール ワルター・アウアー meets シュトゥットガルト室内管弦楽団

アイネ・クライネ・ナハトムジーク ト長調 K.525/モーツァルト
 第1楽章:アレグロ
 第2楽章:アンダンテ
 第3楽章:メヌエット・アレグレット
 第4楽章:ロンド
フルート・ソナタ ニ長調 作品94/プロコフィエフ
 第1楽章:モデラート
 第2楽章:プレスト
 第3楽章:アンダンテ
 第4楽章:アレグロ・コン・ブリオ
弦楽のためのアダージョ/バーバー
弦楽セレナーデ ハ長調 作品48/チャイコフスキー
 第1楽章:ソナチネ形式の小品
 第2楽章:ワルツ
 第3楽章:エレジー
 第4楽章:フィナーレ

ワルター・アウアー(Fl)
シュトゥットガルト室内管弦楽団

めでたく完走した新潟シティマラソン(フル)の休養日のため、ゆったりと過ごし、所用を片付けてから、りゅーとぴあへ。開演40分前に到着。
感想は、「極上なる舌触りのご馳走を、爽やかに、アツく届ける演奏を十二分に堪能する」です。
まずはモーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」。一気呵成(いっきかせい)に弓を振り下ろすと、軽快で鮮烈な清流が溢れ出し、生きいきと弾(はず)んで、耀きを見せるアレグロ。ふかふかと柔らかく、ゆったりと優しい光りが穏やかに揺蕩(たゆた)い、一瞬影が差すと、足早に駆け出し、くるりと廻って、緩やかに着地し、なだらかに揺れるアンダンテ。快活に階段を登り、丸みを帯びて舞い踊り、上品な佇まいで滑らかに収めるメヌエット。爽やかに水飛沫(みずしぶき)を上げ、軽やかに押し上げて、涼やかに灯りを点し、落ち着きながらも速度を上げて、勢い良く追い立てるロンド。洗練の前菜をさらりと仕上げました。
続いてソリストが登場し、プロコフィエフの「フルート・ソナタ」。ひんやりとした暖かさを纏(まと)い、奇妙な明るさで彩って、亜寒帯に拡がる平原を吹き抜ける風が、針葉樹林の間を迷走し、茫洋たる光彩を放って、高く翔け上がる第1楽章。木枯らしが、不安の影を伴って、速歩(はやあし)で駆け抜け、すらすらと達筆で航跡を認(したた)め、力尽くで追い立てて、閃光を放ち、ゆったりと地面へ降下する第2楽章。黄砂舞う春の空に、ふんわりと浮かび、輝きで飾る絲(いと)と対峙して、ゆっくりと渦を巻く第3楽章。嘲笑(あざわら)うように戯(おどけ)け、奇岩絶景の上を、軽やかに渡って、じんわりと速度を落とし、深山渓谷をしなやかに駆け巡って、穏やかな囀(さえず)りを響かせ、緩急を付けて舞い上がり、ゆるりと円を描いて、冒頭へ回帰する第4楽章。風変わりでありながら、魅力的な調べの数々を練達の腕前で届けました。会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールはグルックの「精霊の踊り」。優しくまろやかに奏でて、前半を締め括りました。
休憩を挟んで後半はバーバーの「弦楽のためのアダージョ」から。灰色の空の下、悲しみの霧雨(きりさめ)がゆっくりと降り注ぎ、影達が折り重なって、綴(つづ)れ織りを編み上げ、生命の耀きが、螺旋を描いて、穏やかに立ち昇りました。
プログラム最後はチャイコフスキーの「弦楽セレナーデ」。大上段に振り被(かぶ)り、大地の香りを伴って、想いを込めた熱情を深々と記(しる)し、愁いの表情で風雅に揺れ、滑らかに長く引き摺(ず)って、ゴツゴツと刻み、鮮やかに躍動して、昂(たか)ぶる魂を語り尽くす「ソナチネ形式の小品」。優雅な足捌(あしさば)きで輪舞し、爽やかに裾を揺らして、たっぷりと優しさを奏でる「ワルツ」。柔らかな綿毛を敷き詰め、泡立ちの上をまろやかに塗り込めて、薄っすらと沁みる慰(なぐさ)めで包む「エレジー」。ゆっくりと静かに動き始め、内に秘めた胎動を徐々に発動して、小走りに駆け出し、湧き上がる奔流を一気に開放して、熱き想いを回想し、欠片(かけら)を集めて、高みを目指す「フィナーレ」。くっきりと輪郭を描き、心に迫る情感を余すところなく伝えて、感動の嵐を呼びました。
鳴り止まぬ拍手を受けてアンコールが3曲。チャイコフスキーの「四季」より、「10月 秋の歌」が、うっくりと憂(うれ)いを秘めて、芥川也寸志の「トリプティーク」より第3楽章がざわめきと共に、モーツァルトの「カッサシオン」よりアンダンテが楽しげに奏でられて、にぎにぎしく終演となりました。
生きいきと快活に音楽を届け、漲(みなぎ)る生命力を十二分に照射して、ホール全体を喜びの光りで満たして頂いたことに感動して、快い気分で家路を急ぎました。

NHK交響楽団演奏会

2018年10月7日(日) 16:00 新潟市民芸術文化会館コンサートホール NHK交響楽団演奏会

歌劇「ドン・ジョヴァンニ」序曲/モーツァルト
ヴァイオリン協奏曲 第5番 イ長調 K.219 「トルコ風」/ 〃
 第1楽章 アレグロ・アペルト
 第2楽章 アダージョ
 第3楽章 ロンド
交響曲第4番 ホ短調 作品98/ブラームス
 第1楽章 アレグロ・ノン・トロッポ
 第2楽章 アンダンテ・モデラート
 第3楽章 アレグロ・ジョコーソ
 第4楽章 アレグロ・エネルジコ・エ・パッショナート

辻彩奈(Vn)
NHK交響楽団
井上道義(指揮)

古町5番町から自転車を飛ばし、りゅーとぴあへ。開演40分前に到着。
感想は、「端正で精密ながらアツさを忘れない名演に聞き惚れる」です。
まずはモーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」序曲。暗く輝く熱情を発し、ゆっくりと魔性の香りを漂わせ、一筋の光に照らさせて、練乳の甘やかさを燻(くゆ)らせ、角の無い硬さで縁取って、一目散に駆け抜けました。次は、ソリストが登場し、同じくモーツァルトの「ヴァイオリン協奏曲 第5番『トルコ風』」。爽やかに涼風(すずかぜ)が吹き抜け、天真爛漫な喜びを解き放って、丸みを帯びた硬質さで包み、膨らんだと思うと萎(しぼ)んで、絹糸の艶(つや)やかさで快速に飛ばし、細く膨(ふく)よかにその身をくねらせて、快晴の野原を散歩するアレグロ。柔らかに春風がそよぎ、程よい甘さで灯(ひ)を点(とも)し、輝く帯が馥郁(ふくいく)と膨(ふく)らんで、涼やかに頬を染め、さっぱりとした表情で、挨拶を交わすアダージョ。悲しみを纏(まと)い、暗く吹き荒ぶ疾風を背に受けて、氷の炎で焼き尽くし、謎めいた笑顔で走り去るロンド。刈り込まれた管弦楽を相手に、颯爽とした手腕で、素晴らしい仕上がりを持って、要求に応えました。
拍手鳴り止まず、何回かのカーテンコールの後、届けられた曲目はバッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第3番」より「ガヴォット」。透明な耀きで聴衆を魅了しました。
休憩を挟んで後半は、ブラームスの「交響曲第4番」。すすり泣く曳き波が寂寥(せきりょう)を誘(いざな)い、葡萄色の憂愁に茜の墨を入れ、荒れる海に舟を漕ぎ出して、一杯に力を込め、濡れそぼる枯葉を払い除けて、懸命に格闘し、熱く擦り切れるまで、戦いを止めない第1楽章。穏やかに諦めの表情を浮かべ、忍び寄る寂しさを仕方なく受け入れて、青春の残り香を厚く塗り込め、秋風にその身を晒す第2楽章。アツく血潮を滾(たぎ)らせ、鮮やかに弾(はず)み、渦巻く想いで前に進むと、ひとときの安らぎに心を癒やすも、押し寄せる苦難が怒涛の如く覆いかぶさり、呆気(あっけ)に取られて、座り込む第3楽章。襲い掛かる運命に押し流され、傷ついた脚を引き摺って、灰色の雲の下を憂鬱を抱え込んで歩み、弱りきった足取りで、凍てついた荒野を行き、迫り来る不安に精一杯対峙して、敢(あ)え無く力尽きる第4楽章。老年に訪れる言いようのない諦念(ていねん)と、尚も熱く燻(くすぶ)る若さの残滓(ざんし)を見事に描き切りました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールはヨハン&ヨーゼフ・シュトラウスの「ピッチカート・ポルカ」。淡い明るさを大切に届けて、にぎにぎしく終演となりました。
日本を代表するオーケストラのひとつであるN響が、ここ新潟でその実力を遺憾無く発揮して頂けたことに感動して、快い気分で家路を急ぎました。