FC2ブログ

新潟イタリア協会オープンセミナー 平成30年度 第三回サロンコンサート ~PLAZA VOCE の愉しみ~

2018年8月16日(木) 18:30 ホテルイタリア軒 地下「PLAZA VOCE」 新潟イタリア協会オープンセミナー 平成30年度 第三回サロンコンサート ~PLAZA VOCE の愉しみ~

第1部
 健康効果やオイルの選び方 オリーブオイル 基本セミナー
第2部
 ラ・ボエームより「私が街をあるけば」/プッチーニ
 カルメンより「ジプシーの踊り」/ビゼー ストルツマン編
 カプリス 第17番/カヴァリーニ
 マズルカ 作品7-1、作品24-1/ショパン
 ノットゥルノ 作品70-1/マルトゥッチ
 ポギーとベスより/ガーシュイン
  「うちの人は逝ってしまった」
  「サマータイム」
  「そんなことはどうでもいいさ」
 ラプソディー・イン・ブルー/ 〃

広瀬寿美(Cl)
品田真彦(Pf)

仕事を終え、車を駐車場へ入れて、徒歩でイタリア軒へ。開演15分前に到着。
感想は、「クラリネットとピアノが織り成す彩りを楽しむ」です。
最初にオリーブオイルについてのセミナーで、油脂の性質や健康への影響について、興味深いお話を伺いました。
そしてコンサート。クラリネットとピアノが登場し、まず第1曲目はプッチーニの「歌劇『ラ・ボエーム』」より「私が街をあるけば」。甘やかな調べをゆったりと優しく、慈(いつく)しむように奏でました。続いてビゼーの「歌劇『カルメン』」から「ジプシーの踊り」。追い立てるように身体(ゆすり)を揺すり、暖かな息吹が切なさを含んで流れ、時に鋭く立ち上がって、結末へと加速しました。ここでクラリネット一本でカヴァリーニの「カプリス 第17番」。光と影を交互に映し、しなやかに行書で認(したた)め、流線形を描いて飛び、小さな翼で羽搏(はばた)いて、航跡を残しました。次はピアノソロで3曲。ショパンの「マズルカ 作品7-1」を明るく細やかに連射し、穏やかに足踏みすると、同じく「作品24-1」を潤いを秘め、水飛沫(みずしぶき)を上げて、朗らかに弾(はず)みました。そしてマルトゥッチの「ノットゥルノ」。静かに波紋を広げ、豊かに響かせて、穏やかに歩みを進めました。クラリネットが戻り、ガーシュインの歌劇「ポギーとベス」より。乾いた悲しみを、俯(うつむ)きながら綴る「うちの人は逝ってしまった」。ひんやりとした静謐さで、寂寥(せきりょう)を紛らわす「サマータイム」。武骨(ぶこつ)に部屋に入り、惚(とぼ)けた素振りで振舞って、速足で闊歩(かっぽ)する「そんなことはどうでもいいさ」。陽気さの裏に潜む哀愁を届けました。プログラム最期は同じくガーシュインの「ラプソディー・イン・ブルー」。夜の帷(とばり)に気怠く伸び上がる小粋さが光り、お洒落な装いで着飾り、豪奢な装飾を張り巡らして、楽しげにお道化け、優しくしなやかに包んで、大らかに締め括(くく)りました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールは「ニューシネマパラダイス」。淡い憧れを柔らかに奏でて、しっとりとした終演となりました。。
新潟とイタリアの架け橋となる催しが、今年も隔月で行われ、その活動が市民に共有されて、さらに絆が深まることの喜びを感じて、快い気分で家路を急ぎました。
スポンサーサイト

西新潟中央病院ロビーコンサート(第95回)

2018年8月15日(水) 14:30 西新潟中央病院外来ロビー 西新潟中央病院ロビーコンサート(第95回)

【ピアノソロ】
ハンガリーの民謡による変奏曲op.21-2/ブラームス
ピアノソナタ第49番 第1楽章/ハイドン
献呈/シューマン リスト編
【連弾】
美女と野獣/メンケン
ふるさと/岡野貞一

高橋到奈、阿部葵(Pf)

読みたい本を探して、県立図書館とほんぽーとへ行くも、いずれも貸し出し中で、しかたなく帰宅し、昼食摂り、少し休憩してから西新潟中央病院へ。開演15分前に到着。
感想は、「彩りの違う独奏と豊かに相和す連弾を楽しむ」です。
まずはピアノソロでブラームスの「ハンガリーの民謡による変奏曲」。歯切れよく駆け出し、そっと囁いて、ゆったりと刻み、力強く揺らしました。奏者が交代し、続いてはハイドンの「ピアノソナタ第49番」から第1楽章。明るく愉快に切り出し、愛くるしく弾(はず)んで、快く波打ちました。そのまま続けてシューマンの「献呈」をリストがピアノ用に編曲した小品。爽やかに早春の風が薫り、ゆっくりと揺らめいて、丘陵を駆け上りました。ここからは連弾2曲。まずは「美女と野獣」。 柔らかく、麗(うるわ)しい調べで魅了し、楽しげに絡み合い、優しく舞い踊りました。プログラム最期は「ふるさと」。涼しげに吹き過ぎ、郷愁を煌めきで飾って、温かさで包み、大らかにうねりました。
会場からは大きな拍手が贈られ、和やかな演奏を讃えました。
夏休みの帰郷の合間を縫って、入院中の患者さんを含めた聴衆へ音楽のプレゼントをして頂いたことに感謝して、喜ばしい気分で帰りのハンドルを握りました。

大瀧拓哉 近現代音楽の夕べ

2018年8月6日(月) 19:00 スタジオスガマタ 大瀧拓哉 近現代音楽の夕べ

映像第1集/ドビュッシー
"...枯葉..."/クルターク
ラプソディ 作品1/バルトーク
マクロコスモス 第2巻 ~アンプリファイド・ピアノのための黄道十二宮にちなんだ12の幻想的小品~/クラム

大瀧拓哉(Pf)

仕事を終えて、車を駐車場に入れ、歩いてスタジオスガマタへ。開演30分前に到着。
感想は、「"凄い!"、"カッコいい!"としか言いようのない、現代の作品の演奏に興奮し、感動する」です。
まずはドビュッシーの「映像第1集」。淡い水彩画を認(したた)め、水飛沫(みずしぶき)を蹴散らして、軽やかで激しく移ろう「水の反映」。ふんわりと温かく焼き上げた生地がサクサクとした歯触りを伝え、ゆっくりと柔らかく波打つ「ラモーへのオマージュ」。水面を細やかに掻き混ぜ、生きいきと沸き立ち、頂きへと速足で駆け上り、熱量が溢れ出す「運動」。夢見るような淡雪の感触から、風を切る氷片の鋭利さまで、余すところなく映し出しました。続いてクルタークの「"...枯葉..."」。静寂の中にポツンと点在する水泡を緩やかに描き、漂う光の粒がゆっくりと成長し、儚くも減衰しました。間を置かず始められたバルトークの「ラプソディ」では、緩やかに歩み出し、力強く地面を蹴って、素早く駆け出し、鋭い切っ先で顔面を掠(かす)り、降りしきる驟雨(しゅうう)に身を晒(さら)して、時に浪漫の薫りを放ち、静と動が入り乱れて、万華鏡の彩りで飾りました。
一旦退場後、休憩前に後半の曲目の解説を行い、さらにピアノへの仕掛けを準備して、再度控えへ戻り、休憩明けを待ちました。
そしてクラムの「マクロコスモス 第2巻」。パラパラと火花と散らし、鋭く切り込む「朝の音楽(蟹座)」。静かに移ろい、ゴリゴリと呟く「神秘的なコード(射手座)」。甲高く硬質に刻む「死の雨のヴァリエーション」。力任せに軋(きし)ませ、轟音を響かせて、鋼鉄の竪琴を奏でる「双子の太陽(双子座)」。第1部のまとまりが、異界への扉を抉(こ)じ開けました。楽器への細工を変更して、第2部へ。白日夢に魘(うな)され、騒音で目覚める「亡霊の夜想曲(ストーンヘンジの遺跡のための)(乙女座)」。固く回り込み、鎌を振り下ろす「ガーゴイルズ(牡牛座)」。暴力的に打ち鳴らし、上昇下降しながら錐揉みで飛行する「トラ!トラ!トラ!(黙示録的カデンツァ)(蠍座)」。こっそりと近づく恐れが影を成す「ノストラダムスの予言(牡羊座)」。恐怖と不安を、激しさと静けさで示しました。再度仕掛けをセットし直し、第3部へ。ひたひたと近寄り、周辺の磁場を乱(みだ)す「宇宙の風(天秤座)」。心細く繋がる糸を慎重に引き寄せ、乾燥した物音を探る「"冠座"からの声(水瓶座)」。浮遊する霧が流れ、枯れた声の鐘が鳴り渡る「銀河の鐘のリタニー(獅子座)」。霞(かす)む靄(もや)に寄り添い、沈黙の悲鳴を上げる「アニュス・デイ(山羊座)」。虚ろな喜びを乾いた筆で認(したた)めました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールが3曲。バッハの「フランス組曲」から「サラバンド」。ドビュッシーの「月の光」。バルトークの「3つのチーク地方の民謡」。冒険からの帰還を優しく包んで、感動の終演となりました。
難解と言われる現代曲を、エキサイティングで胸のすくパフォーマンスで聞かせて頂いたことに感謝して、快い思いを胸に家路を急ぎました。

BASS GARDEN 第11回演奏会

2018年8月5日(日) 14:00 新潟市民芸術文化会館スタジオA BASS GARDEN 第11回演奏会

第1部
 Let's call/Gershwin
 コントラバスのための三重奏/Pordowski
 津軽海峡冬景色/三木たかし 木村将之 編
 「四季」より/Vivaldi Trumpf編
 LARGO/Handel Trumpf編
 POKERFACE/Schafer
第2部
 swing k-1000/Garcia
 世界の約束~人生のメリーゴーランド(映画「ハウルの動く城」より)/久石譲
 Comedian Bassists/Schafer編
 ふるさと/岡野貞一 木村将之 編
 コントラバスのため四重奏曲/Aim
  第1楽章 Allegretto
  第2楽章 Allergro
  第3楽章 Largo
  第4楽章 Allegro viavce

BASS GARDEN

一旦りゅーとぴあを離れ、昼食を摂り、コンチェルトさんへ寄ってから、スタジオAへ。開演20分前に到着。
感想は、「低音楽器が見せる華やかな彩りを楽しむ」です。
まずはガーシュインの「Let's call」。陽気にスイングし、軽やかに弾(はず)みました。ここでコントラバスの楽器や奏法を紹介するコーナー。興味深い内容で楽しませてくれました。続いてパラドフスキの「コントラバスのための三重奏」。灰色の塊(かたま)りを素早くパス回しして、忍び寄る影を果敢に追いかける第1楽章。ゆっくりと流れ出す重油の滴(したた)りを苦しそうに引き延ばす第2楽章。力強くオールを漕ぎ、幾重にも断層を重ねる第3楽章。モダンな響きにがっちりと挑戦しました。ここで雰囲気をグッと変えて「津軽海峡冬景色」。悲しみを熱く奏で、泡立ちを弾(はじ)けさせて、伸び上がる幹に絡み合いました。次はヴィヴァルディの「四季」より。分厚く吹き過ぎる微風を描く「春」の第1楽章。気怠い昼下がりに、遠くで聞こえる汽笛を模す同じく「春」の第2楽章。大きく小さく、相似形を描き、稲穂の騒(ざわ)めきを運ぶ「秋」の第1楽章。豊かな彩りで飾りました。さらにヘンデルの「ラルゴ(オンブラマイフ)」。優しい黄金の光で甘やかに綴りました。第1部最後は六人編成で、シェーファーの「ポーカーフェイス」。チクタクと振り子を振って、流れ出す流線形が舞い、夕焼けを映して、カッコよく決めました。
休憩を挟んで、第2部はグラシアの「スイングK1000(サウザンド)」から。軽快な弾力で跳ね、クールで小粋にノリ良く駆け抜けました。続いてジブリの映画「ハウルの動く城」より「世界の約束~人生のメリーゴーランド」。伸びやかに未来へ望み、薄明りの郷愁を柔らかに運びました。次は三重奏で「コメディアン・バシスト」。愉快な気分で速足で飛び跳ねる第1楽章。晴れやかに勇気を与える第2楽章。ゆっくりと舟を漕ぐ第3楽章。にこやかに明るく弾(はず)む第4楽章。この楽器のためのオリジナルを楽しげに奏でました。そして「ふるさと」。懐かしい調べを大切に包みました。プログラム最期はエイムの「コントラバスのため四重奏曲」。次々にバトンを渡し、翳りを纏(まと)いながら、速度を落として、再び生きいきと駆け出すアレグレット。天翔ける羽根馬が、その影を徐々にずらし、幾重にも連射するアレグロ。ゆっくりと立ち上がり、少しずつ傾きを直して、天空へ駆け上るラルゴ。何度も強く押し出し、獲物をきっちりと追い詰めて、軽々と突き進むフィナーレ。熱い情熱を十全に注入して、一心にゴールを目指しました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールは七人全員での「剣の舞」。迫力充分に飛ばして、にぎにぎしく終演となりました。
仕事の合間を縫って、懸命に鍛錬する若者の姿を瞼に焼き付けて、快く会場を後にしました。

オーケストラはキミのともだち

2018年8月5日(日) 11:30 新潟市民芸術文化会館コンサートホール オーケストラはキミのともだち

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」メドレー/バデルト 
ディズニーのメロディによる管弦楽入門/小室昌広 編 
 1.グループの紹介(星に願いを)
 2.フルート、ピッコロ(ハイ・ディドゥル・ディー・ディー)
 3.オーボエ(ホール・ニュー・ワールド)
 4.クラリネット(狼なんか怖くない)
 5.ファゴット(ビビディー・バビディー・ブー)
 6.ヴァイオリン(イッツ・ア・スモール・ワールド)
 7.ヴィオラ、チェロ(いつか王子様が)
 8.コントラバス(イッツ・ア・スモール・ワールド)
 9.ハープ(イッツ・ア・スモール・ワールド)
10.ホルン(美女と野獣)
11.トランペット(チム・チム・チェリー)
12.トロンボーン、チューバ(ジッパ・ディー・ドゥーダー)
13.打楽器(ミッキーマウス・マーチ)
14.トゥッティによるフーガ(エレクトリカル・パレード)
 ナレーション:榎本広樹(りゅーとぴあ事業企画部)
シンフォニック・マンボNo.5/宮川彬良 
歌劇「カルメン」より第3幕への間奏曲/ビゼー 
喜歌劇「天国と地獄」序曲より カンカン/オッフェンバック 
トリッチ・トラッチ・ポルカ/J.シュトラウスⅡ世 
ワルツを踊る猫/アンダーソン 
フィドル・ファドル/ 〃
行進曲「威風堂々」第1番 ニ長調/エルガー

東京交響楽団
飯森範親(指揮とお話)

10km走って、少し休憩し、りゅーとぴあへ。開演30分前に到着。
感想は、「楽しさ満載・繊細さと迫力満点のプログラムを心置きなく享受する」です。
まずは「映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』メドレー」から。溌剌と弾(はず)んで進み、微笑みを柔らかく包み、勇気を鼓舞して邁進(まいしん)し、勇壮な戦いを勝ち抜いて、見事に勝利しました。続いてオーケストラに親しんでもらう為に「ディズニーのメロディによる管弦楽入門」。流麗な木管、艶やかな弦楽器、輝かしい金管、様々な響きで持て成す打楽器と、グループ毎に「星に願いを」を弾き分けて、その違いを明確にしました。続いてフルート、ピッコロが細(こま)やかに囀り、オーボエがまろやかに歌い、クラリネットが可愛く燥(はしゃ)ぎ、ファゴットがユーモラスにお道化(どけ)て、木管を締めくくりました。続いて弦楽器。ヴァイオリンが元気よく練り歩き、ヴィオラがまったりと寝転がり、チェロがたっぷりと揺り籠を揺らし、コントラバスがのんびりと大らかに下支えをし、そしてハープが優雅に裾を揺らしました。金管へバトンが渡され、ホルンが谷間を渡る雲を棚引かせると、トランペットがちょっと悲しげに輝き、トロンボーンとチューバが賑やかに囃しました。楽器紹介の最後は打楽器。キラキラと光る鉄琴、優しく抱擁するティンパニ、閃光を発するシンバルなど多くの種類で盛り上げました。ここからは紹介順に旋律の枝葉を伸ばし、次々に追いかけ、広々と繁茂して、天空へ伸び上がり、覆い被さる金色の波を受けて、華々しく咲き誇りました。
楽器の特徴が分かったところで、少しおふざけの演目、宮川彬良の「シンフォニック・マンボNo.5」。ベートーヴェンの「運命」をベースに、マンボを混ぜ合わせて、楽しく塗り替え、掛け声まで入れて、リズミカルに上質のポップスに仕立て上げました。
ここからはクラシックに戻って、まずはビゼーの「歌劇『カルメン』」より「第3幕への間奏曲」。薄っすらとした哀しみを甘やかに漂わせ、垂れ込める優しさでふんわりと受け止めました。次はオッフェンバックの「喜歌劇『天国と地獄』序曲」より「カンカン」。忙(せわ)しく追い立て、華やかに飛び跳ねて、派手やかに舞い踊りました。さらにJ.シュトラウスⅡ世の「トリッチ・トラッチ・ポルカ」では、急ぎ足で水溜まりを蹴散らし、陽気に駆け抜けました。ここでルロイ・アンダーソンが2曲。軽やかで優雅に演舞する「ワルツを踊る猫」。忙(せわ)しく時を刻み、ゴージャスに警笛を鳴らす「フィドル・ファドル」。底抜けの明るさを届けました。プログラム最期はエルガーの行進曲『威風堂々』第1番」。オルガニストが登場し、「トッカータとフーガ」の一節(いっせつ)を披露した後、指揮棒が一閃して、雄叫びが炸裂し、ゆさゆさと体躯(たいく)を揺らして、大股で闊歩し、ぐるぐると渦を巻いて、高らかに歌い上げ、全てを圧倒して、伽藍に響き渡りました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールは「天空の城ラピュタ」より「君をのせて」。優しさで包み込んで、にぎにぎしく終演となりました。
子供からお年寄りまで、親しみやすいプログラムで多いに会場を沸かせ、オーケストラ音楽を分かりわすく届けて頂いたことに感謝して、喜ばしい気分でコンサートホールを後にしました。