10月の予定

10月の予定です。

10月4日(日) 14:00 新潟市北区文化会館 市民オペラ 「愛の妙薬」
10月9日(金) 19:15 りゅーとぴあ能楽堂 渡辺勇気 ピアノソロコンサート2015
10月10日(土) 14:00 りゅーとぴあコンサートホール ホルンで奏でる紅白歌合戦 2015 THE FINAL
10月10日(土) 18:00 だいしホール 田中弦楽アンサンブル第21回演奏会
10月11日(日) 14:00 りゅーとぴあスタジオA BASS GARDEN 第8回演奏会
10月15日(木) 19:00 りゅーとぴあスタジオA 小山瑠美子 斉藤晴海 歌とピアノのコンサート
10月18日(日) 13:00 りゅーとぴあコンサートホールホワイエ 東響ロビーコンサート
10月18日(日) 14:00 だいしホール 朴葵姫 ギターリサイタル
10月18日(日) 17:00 りゅーとぴあコンサートホール 東京交響楽団第92回新潟定期演奏会
10月20日(火) 19:00 新潟市江南区文化会館音楽演劇ホール この世は舞台~ステージで聴く古楽器~ 4. リュート
10月21日(水) 12:20 新潟市役所1階市民ロビー 第281回ミニコンサート
10月21日(水) 18:30 りゅーとぴあコンサートホール 東京交響楽団名曲コンサート りゅーとぴあ特割コンサート
10月23日(金) 19:00 りゅーとぴあスタジオA 風景旋律 vol.5  「あのころ」~時間への旅~
10月24日(土) 14:30 りゅーとぴあ能楽堂 ジョイントリサイタル 洋楽の夕べ
10月25日(日) 19:00 コンチェルト インストアライブ 笠原恒則&大作綾
10月29日(木) 19:00 りゅーとぴあ能楽堂 鍵冨弦太郎 Presents 室内楽の夕べ レスパス弦楽四重奏団
10月31日(土) 14:00 新潟市江南区文化会館音楽演劇ホール ウィリアム・プランクル&石井玲子 チェロとピアノのデュオ・リサイタル
10月31日(土) 18:00 スタジオスガマタ 新潟シューベルティアーデ 秋のレクチャーコンサート 第4回 歌曲展 -晩年の作品を集めて-

10月も頑張ります。
スポンサーサイト

9月のまとめ

9月のまとめです。

2015年9月4日(金) 19:00 りゅーとぴあ劇場 NIDF2015ー新潟インターナショナルダンスフェスティバル Noism0 新作『愛と精霊の家』
2015年9月9日(水) 11:30 りゅーとぴあコンサートホール 1コイン・コンサート 「美空ひばりメロディー“チェロ&ピアノ”」(アウラ・ヴェーリス)
2015年9月12日(土) 19:00 りゅーとぴあスタジオA とある楽器の二重奏曲 THIRD チェンバロを鳴らせ
2015年9月13日(日) 10:00 だいしホール ヴェリタス・ミュージック フルート&ピアノ・セミナー 2015 in 新潟 ファイナル・コンサート
2015年9月13日(日) 14:00 りゅーとぴあコンサートホール 新潟市ジュニアオーケストラ教室第34回演奏会
2015年9月13日(日) 17:00 りゅーとぴあスタジオA 新潟バッハ管弦楽団&合唱団 室内楽公演
2015年9月16日(水) 12:20 新潟市役所1階市民ロビー 第280回ミニコンサート ~愛を歌にのせて~
2015年9月16日(水) 14:30 西新潟中央病院 西新潟中央病院ロビーコンサート(第65回)
2015年9月18日(金) 19:00 りゅーとぴあスタジオA 平野佳恵(ソプラノ)&斉藤晴海(ピアノ) Lied duo Eveil コンサートシリーズ2 ~子どもの世界とドイツの名曲
2015年9月20日(日) 19:30 寺泊文化センター 寺泊文化センターロビーコンサート チェンバロの夕べ
2015年9月22日(火) 19:00 ジャズ・フラッシュ サクソフォンとピアノデュオの夕べ
2015年9月24日(木) 19:00 りゅーとぴあスタジオA 加藤礼子 ヴァイオリン・リサイタル vol.1 「ドイツ・オーストリア①」
2015年9月25日(金) 19:00 りゅーとぴあスタジオA トリオ・ペンナ第4回演奏会 トリオソナタの愉しみ Ⅳ
2015年9月26日(土) 12:00 古町5番町 チンクエフェスタ2015 ボサコルデオン
2015年9月26日(土) 14:00 りゅーとぴあコンサートホール 大阪フィルハーモニー交響楽団新潟特別公演
2015年9月26日(土) 17:00 古町5番町 チンクエフェスタ2015 和み時間
2015年9月26日(土) 19:00 りゅーとぴあスタジオA 20世紀の日本と英国の歌曲リサイタル
2015年9月27日(日) 13:00 古町5番町 チンクエフェスタ2015 Violin 高橋百合&Flute 小笠原直子
2015年9月27日(日) 14:00 だいしホール 井上静香と仲間たち
2015年9月27日(日) 19:30 シネ・ウインド 源氏物語 朗読と雅楽
2015年9月29日(火) 18:30 新潟市音楽文化会館 第5回ベルカントの夕べ 寺川悦男リサイタル
21件でした。1月から通算150件でした。

行きたかったコンサート。
2015年9月1日(火) 14:00 西新潟市民会館 新潟大学管弦楽団チェロパート 第10回チェロアンサンブル
2015年9月5日(土) 15:00 上越文化会館中ホール Joetsu ニューエイジ・リサイタル 吉岡美絵クラリネットリサイタル
2015年9月5日(土) 17:00 りゅーとぴあコンサートホール 山本真希オルガンリサイタルシリーズ ルネサンス・バロック時代のオルガン音楽
2015年9月6日(日) 19:00 柏崎市文化会館アルフォーレ・マルチホール 佐々木勇一 ギター・リサイタル
2015年9月12日(土) 18:30 新潟市音楽文化会館 新潟ドルチェ・マンドリン・アンサンブル第41回定期演奏会
2015年9月13日(日) 上越文化会館大ホール 上越交響楽団第75回定期演奏会
2015年9月16日(水) 14:00 新潟市江南区文化会館音楽演劇ホール 両川中学校 山形交響楽団スクールコンサート
2015年9月18日(金) 19:00 りゅーとぴあコンサートホール ナント・バロック・アンサンブル ストラディヴァリア新潟公演 2015
2015年9月21日(月) 17:00 酒場 Stand & Fight 酒場バロックライブ 2 ガンバ duo 新潟
2015年9月22日(火) 12:00 古町7番町 フルマチクラシックフェスタ in mall 7
2015年9月22日(火) 14:00 りゅーとぴあコンサートホール 秋川雅史&二期会&N響メンバー スペシャルコンサート
2015年9月22日(火) 14:00 新潟市音楽文化会館 第63回新潟市芸能まつり 第35回ギターの夕べ
2015年9月22日(火) 19:00 りゅーとぴあスタジオA チェンバロコンサート ~バッハ名曲選
2015年9月23日(水) 14:00 新潟市江南区文化会館音楽演劇ホール 枝並清香 ヴァイオリン・リサイタル
2015年9月23日(水) 14:00 妙高市文化ホールホワイエB ワンコインコンサート2015 フルート&ピアノ 仲野享子(Fl)、品田真彦(Pf)
2015年9月23日(水) 15:00 りゅーとぴあコンサートホール コバケンとその仲間たちオーケストラ in 新潟
2015年9月23日(水) 15:00 朝日酒造エントランスホール 音楽の時間旅行 タリス~モーツァルト
2015年9月25日(金) 19:00 新潟市音楽文化会館 佐藤園子ピアノリサイタル
2015年9月25日(金) 19:00 長岡リリックホールコンサートホール 仲道郁代&川久保賜紀 デュオコンサート
2015年9月26日(土) 13:30 だいしホール ジョイントコンサート Pentatonik Nyamy muse
2015年9月26日(土) 14:00 りゅーとぴあスタジオA 井上静香と仲間たち プレコンサート
2015年9月26日(土) 14:00 上越文化会館中ホール 中森千春 メゾソプラノリサイタル ~日本の歌、ドイツの歌 vol.2~
2015年9月26日(土) 15:00 上越文化会館大ホール 音楽の夕べ オーケストラで聴くジブリ音楽 !!
2015年9月26日(土) 18:30 見附市文化ホール大ホール 久保田巧 ヴァイオリンリサイタル
2015年9月27日(日) 12:30 朝日酒造エントランスホール 第4回長岡リコーダーフェスティバル 第1部 リコーダーアンサンブルの愉しみ
2015年9月27日(日) 14:00 新発田市民文化会館 第65回記念新発田音楽文化協会定期演奏会 ~名曲を集めて~
2015年9月27日(日) 14:50 朝日酒造エントランスホール 第4回長岡リコーダーフェスティバル 第2部 リコーダーと木琴 木村睦幸×通崎睦美
27件でした。10月も頑張ります。

第5回ベルカントの夕べ 寺川悦男リサイタル

2015年9月29日(火) 18:30 新潟市音楽文化会館 第5回ベルカントの夕べ 寺川悦男リサイタル

第1部
歌劇"十字軍のロンバルディア人"より「私の喜びを」/ヴェルディ 長川慶 遠藤栄子
歌劇"仮面舞踏会"より「あの草を摘み取って」/ヴェルディ 佐藤晶子 金子陽子
歌劇"愛の妙薬"より「人知れぬ涙」/ドニゼッテイ 長川慶 遠藤栄子
歌劇"トスカ"より「歌に生き、恋に生き」/プッチーニ 佐藤晶子 金子陽子
歌劇"アルルの女"より「フェデリーコの嘆き」/チレア 竹内公一 遠藤栄子
日本歌曲から 寺川啓子 遠藤栄子
「この道」/北原白秋 詞 山田耕筰 曲
「落葉松」/野上彰 詞 小林秀雄 曲
歌劇"ドン・カルロ"より「一人さびしく眠ろう」/ヴェルディ 寺川悦男 松村牧子 宇野哲之 斎藤竜夫

第2部 
カンツォーネ ヴァッリア(帰りたい)/レンディーネ 寺川悦男 松村牧子 宇野哲之 斎藤竜夫
タイム トゥ セイ グッバイ/サルトーリ 竹内公一 佐藤晶子 松村牧子 宇野哲之 斎藤竜夫
ミュージカル「ラ・マンチャの男」より「我こそはドン・キホーテ」/ミッチ・リー 寺川悦男 竹内公一 松村牧子 宇野哲之 斎藤竜夫
新潟中央短期大学ミュージカルから「私の大切なもの」/星野健司 詞 斎藤竜夫 曲  伊藤裕理 松村牧子 宇野哲之 斎藤竜夫
新潟中央短期大学ミュージカルから「カラスのタンゴ」/星野健司 詞 斎藤竜夫 曲  寺川悦男 竹内公一 松村牧子 宇野哲之 斎藤竜夫
新潟中央短期大学ミュージカルから「再び会える日」/星野健司 詞 斎藤竜夫 曲 寺川悦男ほか全員 
勿忘草/フルノ 詞 テ・クルティス 曲 寺川悦男ほか全員 

寺川悦男(Br)
寺川啓子、佐藤晶子(S)
竹内公一、長川慶(T)
松村牧子(Vn)
宇野哲之(Vc)
遠藤栄子、金子陽子(Pf)
斎藤竜夫(Pf、作曲)

仕事を終えて、音楽文化会館へ。開演20分前に到着。
感想は、「ベテランが見せるの余裕の振る舞いを楽しむ」です。
まずはイタリアオペラの名曲から。最初は長川慶さんの「私の喜びを」。軽快で明るく勤めてトップバッターの役割を果たしました。続いて佐藤晶子さんが「あの草を摘み取って」を美しく劇的に演じて喝采を浴びました。再び長川さんで「人知れぬ涙」。甘く優しく蕩(とろ)かせて、ドニゼッテイを仕上げました。さらに佐藤さんの「歌に生き、恋に生き」では繊細に艶やかにプッチーニを聞かせてくれました。次に竹内公一さんが「フェデリーコの嘆き」を伸びやかに大らかに歌って楽しませてくれました。
日本歌曲から2曲。寺川啓子さんが「この道」を憧れを込めて、「落葉松」を清らかで透き通るように歌唱して、場を和ませました。
前半最後は寺川悦男さん。ヴァイオリンとチェロを加えたピアノ三重奏をバックに"ドン・カルロ"より「一人さびしく眠ろう」。男の哀愁を漂わせ、淡くも落ち着いた歌で会場を唸らせました。
休憩を挟んで後半はトークを入れ、三重奏をバックにポピュラーな名曲で構成。カンツォーネの「ヴァッリア」をしみじみと歌い、袖へ下がると入れ替わって、佐藤さんと竹内さんが出てきて「タイム トゥ セイ グッバイ」をたっぷりと仲睦まじげにデュエットしました。「我こそはドン・キホーテ」では寺川さんと竹内さんでラマンチャの騎士とその従者を演じて、勇敢でどこか滑稽な様を描写してくれました。
続いては新潟中央短期大学ミュージカルから2曲。伊藤裕理さんが「私の大切なもの」を透明で清純なソプラノで響かせ、寺川さんが「カラスのタンゴ」を凄みを聞かせながらもコミカルに描いて、勘所を決めてくれました。
ここから出演者全員で新潟中央短期大学ミュージカルの締めの曲「再び会える日」を感動的に歌い上げ、最後は聴衆の参加を促して「勿忘草」。大いに盛り上がり、当然のようにアンコールへ。「千の風になって」と「ふるさと」が歌われて、にぎにぎしく終演となりました。
自らの歌と後進達の発展を進めてきた寺川さんの力に驚きつつ、今後もよい関係を続けられて、ますます発展されることを願って帰路につきました。

源氏物語 朗読と雅楽

2015年9月27日(日) 19:30 シネ・ウインド 源氏物語 朗読と雅楽

【第一部】
 朗読 :雅楽
「桐壺」巻より
 ・藤壺の入内(じゅだい):平調音取(ひょうじょうねとり)
 ・光源氏と藤壺の出会い:越天楽(えてんらく)
 ・光源氏、元服:皇麞急(おうじょうのきゅう)
「若紫」巻より
 ・藤壺へのつのる想い:沙陀調音取(さだちょうねとり)
 ・不義の逢瀬:蘭陵王(らんりょうおう)
 ・煩悶する二人
【第二部】
太調音取(たいしきちょうねとり)
・藤壺、懐妊 :仙遊霞(せんゆうが)
「若紫」・「末摘花」巻より
・祝賀会に向けた稽古:盤渉調調子(ばんしきちょうちょうし)
「紅葉賀」巻より
・宮中での試楽(しがく):青海波(せいがいは)
・その後:長慶子(ちょうげいし)

小野沢裕子(朗読)
新潟楽所(雅楽)

開演40分前に到着。案内に従い入場。
感想は、「遥か彼方で霞んでいた物語が、血肉を持って甦る様を体験する」です。
源氏物語の中で光源氏と藤壺の恋に焦点を当てて、朗読と雅楽、そして王朝絵巻で再現する試みが、映画館を舞台にして始まりました。朗読が格調高く、その筋書きを綴ると、雅楽がそれに該当する曲を演奏し、さらに該当する錦絵がスクリーンに投影され、お話しが進んで行きました。湧き上がる笙の音(ね)、吹き鳴らされる篳篥、高く叫ぶ龍笛、悠久の狭間で弾かれる楽琵琶、要所を締める羯鼓や大太鼓が千年の時を超えて、古(いにしえ)の響きを伝え、「音取(ねとり)」でその場面の調子を示し、「越天楽」や「皇麞急」で物語を彩り、「蘭陵王」の舞を奏でました。"不義の逢瀬"から"懐妊の予感"を映したところで第一部が終了し、楽器が紹介され、その後休憩に入りました。
第二部は"懐妊"が公になったところから。祝賀に向けた稽古や試楽のシーンとなり、「仙遊霞」や「青海波」が打ち鳴らされて、ゆったりとしかも大らかな楽音の流れがあたりを包み、平安時代へ逆戻りさせてくれました。朗読がこの部分の終わりを告げると、「長慶子」が演奏されて、このお話しが締めくくられました。
今までなんとなく日本の古典文学と認識し、現代とは疎遠なものとして感じていた「源氏物語」が、脈々と流れる生命力を持つ身近な出来事として、眼前に提示され、一気に日常へと接近する貴重な機会を体験し、自らの根源を見つめなおす大切な時間となりました。

井上静香と仲間たち

2015年9月27日(日) 14:00 だいしホール 井上静香と仲間たち

ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 ト長調 K423/モーツァルト 
 Ⅰ Allegro
 Ⅱ Adagio
 Ⅲ Rondeau(Allegro)
クラリネット三重奏 イ短調 作品 114/ブラームス
 Ⅰ Allegro
 Ⅱ Adagio
 Ⅲ Andantino grazioso
 Ⅳ Allegro
ピアノ四重奏曲 変ホ長調 作品 47
 Ⅰ Sostenuto assai-Allegro ma non troppo
 Ⅱ Scherzo.Molt vivace
 Ⅲ Andante cantabile
 Ⅳ Finale.Vivace

井上静香(Vn)
森口恭子(Va)
マルモササキ(Vc)
中秀人(Cl)
島田彩仍(Pf)

古町5番町から歩いてだいしホールへ。開演20分前に到着。
感想は、「高い水準と和気藹々とした雰囲気が作り出す音楽の楽園に酔いしれる」です。
まずはモーツァルト。まろやかながら一本芯の通った弦の響きが絡み合い、寄り添って3つの楽章を描き出し、和やかかつシビアに音楽を紡ぎ出して、美しい仕上がりを見せてくれました。
続いてブラームス。溢れ出るクラリネット、全体を支えながら自らも主張するピアノ。調和を取りながらもアグレッシブに突き進むチェロ。作曲家特有の浪漫的な側面を見事に映し出し、口当たり良く、しかもコク深く料理して、快い誘(いざな)いを伝えてくれました。
休憩を挟んでシューマン。4人の作り出す柔らかくも強靭なグルーブが随所に湧き上がり、絶妙のアンサンブルで抒情と叙事を使い分けて、音楽の喜びを共有し、聴衆へ届けてくれました。
最後の音が消えると、大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールは、クラリネットも出てきて、モーツァルトの五重奏の3楽章をこの編成で。途中「ラプソディー・イン・ブルー」の冒頭などを即興で加えて、戯れを演出し、この仲間たちの繋がりの良さを誇示して、上々のうちに終演となりました。
前日にはダンスも入れた公演も行って、プチ・フェスティバルの様相も呈しており、今後の展開に注目が集まることが予感され、来年以降も楽しみが増えることを願って会場を後にしました。

チンクエフェスタ2015 Violin 高橋百合&Flute 小笠原直子

2015年9月27日(日) 13:00 古町5番町 チンクエフェスタ2015 Violin 高橋百合&Flute 小笠原直子

愛の挨拶/エルガー
スケーターズワルツ/ワルトトイフェル
歌劇「フィガロの結婚」より「恋とはどんなものかしら」/モーツァルト
イパネマの娘/ジョビン
枯葉/コスマ
「魔女の宅急便」より「海の見える町」/久石穣
シャンソンパラフレーズ 薔薇色の人生~パリの空の下~オーシャンゼリゼ
日本の四季メドレー

昼食の後、古町5番町の会場に開演30分まえに到着。
感想は、「雑踏の喧騒に負けない若さ溢れる演奏にエネルギーを頂く」です。
まずはエルガー。弦の音色(ねいろ)を優しく包む笛の音(ね)が暖かな旋律を縁取りして楽しませてくれました。続いてワルトトイフェル。ワルツのリズムが刻まれる上を優雅に滑走し、やわらかな演技を披露してくれました。次はモーツァルト。オペラの調べを快活に楽しく歌って、舞台を再現してくれました。
ここで雰囲気を変えて2曲。「イパネマの娘」をボサノヴァのノリで、「枯葉」をジャズ・テイストで届けてくれました。
お子様も多い会場に合わせて、ジブリから「魔女の宅急便」。明るくも切ない奏でで、胸をキュンとさせてくれました。
さらに「シャンソンパラフレーズ」で古き良き時代を思い出させ、最後は「日本の四季メドレー」で会場から歌声を引き出しました。
大きな拍手がアンコールを求め、それに応えて「マイフェアレディ」から「踊り明かそう」が演奏されて、この回のステージは終了となりました。
ヴァイオリンとフルート、2つの楽器ながら、溢れ出る生命力で場を盛り上げる2人に元気を頂いて、だいしホールへと急ぎました。

20世紀の日本と英国の歌曲リサイタル

2015年9月26日(土) 19:00 りゅーとぴあスタジオA 20世紀の日本と英国の歌曲リサイタル

ベンジャミン・ブリテン
 「パーセル・コレクション」より
  恋の病から逃れようとしても
  薔薇の花よりも甘く
 「民謡編曲集」より
  グリーンスリーブス
  ああなんたること、悲しいかな
 歌曲集「この島で」より
  ノクターン
 夜想曲
ジョージ・フレデリック・ハンデル
 セミ・オペラ「セミリ」より
  ああ、眠りよ
  自分にうっとりする
日本の童謡編曲集
 「おとなのための童謡曲集」より/岩河智子
  雨降りお月さん
  かなりや
  あわて床屋
  揺籃の歌
武満徹
 ぽつねん
 小さな空
 死んだ男の残したものは
 翼
日本の唱歌
 庭の千草
ブリテン 「民謡編曲集」より
 夏の最後の薔薇

村井香子(S)
今川裕代(Pf)

夕食を取ってから会場へ。
感想は、「モダンな味の入り交じった親しみのある歌に聞き入る」です。
まずは英国の音楽から。冒頭は「パーセル・コレクション」より2曲。「恋の病から逃れようとしても」をくっきりと切なげに、「薔薇の花よりも甘く」を思いを込めて歌い、好調なスタートをきりました。「民謡編曲集」から耳馴染みのあるメロディが取り上げられ、「グリーンスリーブス」を儚げに、「ああなんたること、悲しいかな」をたっぷりと届けてくれました。続いて「ノクターン」で重くずっしりと歩みを進め、ピアノソロでの「夜想曲」では、星々の煌めきがやがて粉々に崩れて、再び甦る風景を見せてくれました。
前半最後はハンデル。英国で改名したヘンデルのオペラからのアリアで、「ああ、眠りよ」で憧れるように訴えると、「自分にうっとりする」では鏡を小道具に内なる喜びを表現してくれました。
休憩を挟んで、日本の歌曲。「おとなのための童謡曲集」より「雨降りお月さん」をしんみりと、「かなりや」を悲し気に、「あわて床屋」をコミカルに、「揺籃の歌」を崩し字で、ピアノ・歌ともにモダンなアレンジを隠し味にして、料理してくれました。
次は武満徹。痛切な現実を淡々と切り取る「ぽつねん」、美しさで締め付けるような「小さな空」、透徹した悲しみをまっすぐに綴る「死んだ男の残したものは」、希望に満ちた思いを体現する「翼」。それぞれに特徴ある風味で胸に迫りました。
最後は「庭の千草」をア・カペラで、「夏の最後の薔薇」を伴奏を伴って、簡潔に締めて、プログラムを閉じました。
客席からは大きな拍手が贈られ、それに応えて、新潟に因んだ「砂山」を最初に独奏で、2回目に観客の合唱にオブリガートを付けて、歌い上げると、〆はパーセルの「夕べの祈り」で穏やかに締めてくれました。
20世紀でも耳に優しい、でもちょっと捻(ひね)りのある曲たちが並ぶこのコンサートは、歌を愛する方がへの大きなプレゼントになったことを確認して、家路を急ぎました。

チンクエフェスタ2015 和み時間

2015年9月26日(土) 17:00 古町5番町 チンクエフェスタ2015 和み時間

テルーの唄
少年時代
カッチーニのアヴェ・マリア
トルコ行進曲
見上げてごらん夜の星を

和み時間
西谷純代(S)
金子由香里(Fl)
奥村京子(箏)

りゅーとぴあを後にして再び古町5番町へ。到着すると新潟サクソフォン協会の演奏の最後のところで、しばらくそれを聞いてから空いている席へ。
感想は、「ストリートに響く"和み時間"に癒される」です。
まずは「テルーの唄」。風景を切り裂くソプラノが箏のバックアップのもと、フルートを従えて、優しい歌を聞かせました。続いて「少年時代」。誰の心にもある郷愁を揺り動かし、しんみりとした思いを抱(いだ)かせました。「カッチーニのアヴェ・マリア」では透き通った悲しみが心を打ちぬき、静かに降り立ちました。気分を変えての「トルコ行進曲」ではスキャットと笛の掛け合いが面白く、気分を盛り上げました。そして最後は「見上げてごらん夜の星を」で大らかに大切な想いを伝えました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールは「涙そうそう」。暖かな雰囲気があたりを包み、しっかりと締めてくれました。
日本で唯一と思われるユニークな編成ながら、ぴったりと寄り添って、独自の世界を作るこのユニットの今後に期待しつつ、次の会場へ向かいました。

大阪フィルハーモニー交響楽団新潟特別公演

2015年9月26日(土) 14:00 りゅーとぴあコンサートホール 大阪フィルハーモニー交響楽団新潟特別公演

ウエルカムロビーコンサート
弦楽のためのソナタ 第1番 ト長調/ロッシーニ
 第1楽章 Moderato
 第2楽章 Andantino
 第3楽章 Allegro

田中美奈、三瀬麻起子(Vn)
近藤洋志(Vc)
新眞二(Cb)
===========================================================
交響曲第9番 ホ短調 作品95「新世界より」 /ドヴォルザーク
 第1楽章 Adagio-Allegro molt
 第2楽章 Largo
 第3楽章 Scherzo.Molt vivace
 第4楽章 Allegro con fuoco
交響曲第7番 ロ短調 D759「未完成」/シューベルト
 第1楽章 Allegro moderato
 第2楽章 Andante con moto
交響曲第5番 ハ短調 作品67「運命」/ベートーヴェン
 第1楽章 Allegro con brio
 第2楽章 Andante con moto
 第3楽章 Allegro. Atacca
 第4楽章 Allegro Prest

大阪フィルハーモニー交響楽団
高関健(指揮)

西堀へ出て、一路りゅーとぴあへ。開演50分前に到着。
感想は、「名曲の詰め合わせを幸福感を持って味わう」です。
まずはロビーコンサートでお手並み拝見。ヴァイオリン2人とチェロ、コントラバスが登場し、ロッシーニの「弦楽のためのソナタ 第1番」。はらりと落ちる木の葉のようにすっきりと歌う1楽章。落ち着いて長く奏でる2楽章。軽快に飛ばす3楽章。輝きと豊穣の響きで楽しませてくれました。
本編の最初は「新世界から」。忍び寄るように曲が始まり、力強く歩を進める1楽章。懐かしさと切なさを溢れさせる2楽章。急き込むように踊る3楽章。快く駆け抜ける4楽章。名旋律たちを気持ちよく届けて、前半を終了しました。
休憩を挟んで後半の1曲目は「未完成」。淡く透明に広がり、きめ細かい泡立ちで、魅せるアレグロ。儚げな風合いで繊細に語られるアンダンテ。まだ見ぬ幻の全景を想起させる器の大きい表現で、名曲を描き出しました。
休憩を挟んで「運命」。気負わず誠実に音楽を追い詰める1楽章。丹念に歌い込む2楽章。おずおずと舞踊の階梯を駆け上る3楽章。歓喜と勢いを爆発させる4楽章。持てる力をバランスよく発揮して、楽聖の提出した命題を解き明かし、壮大なるカタルシスを味わわせてくれました。
会場からは大きな拍手とブラヴォーが贈られ、遠来の客の健闘と素晴らしい成果を褒め称えました。
「オーケストラで聞くならこれ!」という名曲を3つ一度に聞かせてくれる楽しみを実現してくれた関係者に感謝をしながら、そしてオーケストラ・コンサートもひとつの経済活動であり、多くのお客様を集めることによってさらに次の演奏会への大きな開ける可能性を感じて、会場を後にしました。

チンクエフェスタ2015 ボルサコルデオン

2015年9月26日(土) 12:00 古町5番町 チンクエフェスタ2015 ボサコルデオン

思い届けて
黒いオルフェ 2曲
群集
祝福のサンバ
男と女
他 (曲名は聞き取りのため、不正確な場合があります)

ボサコルデオン
 さとうえみ(Gt、Vo)
 田中トシユキ(Acc、Vo)

古町5番町のアーケド内で催されるチンクフェスタのトップバッターはボルサコルデオン。ギターとアコーデオンにのって、歌声が放たれると、そこはもう南米の空の下。まずは「思い届けて」が軽快なリズムで歌われて、気分を盛り上げました。続いて「黒いオルフェ」から。パンデイロから打ち鳴らされる溢れる鼓動があたりを魅了し、哀愁のメロディが心を締め付けました。さらにエディット・ピアフの「群集」。フランスとアルゼンチンの旨味がミックスされて、美味しく仕上がりました。次の「祝福のサンバ」は明るく古今の曲たちを讃えると、最後は「男と女」で切なく締めてくれました。
音楽が始まると一瞬にして、風景を変えてくれる2人の凄技にただただ見とれるばかりで、30分があっという間に過ぎ去ってしまう素敵な時間を頂き、幸せな気分でりゅーとぴあへ向かいました。