FC2ブログ

川崎祥子&神田恵子プレゼンツ ラフ&ラグ ワールドツアー

2019年1月27日(日) 18:00 Dr.可児 川崎祥子&神田恵子プレゼンツ ラフ&ラグ ワールドツアー

勇気のしるし/近藤達郎
メイプルリーフラグ/ジョプリン
ジュ・トゥ・ヴ/サティ
チュニジアの夜/ガレスピー&パパレリ
スペイン/コリア
日本一周メドレー
モンキー・マジック/タケカワユキヒデ
異邦人/久保田早紀
紅風/川崎祥子
ワールドツアーメドレー

川崎祥子(Pf,鍵盤ハーモニカ,アンデス)
神田恵子(Pf)

諏訪社へに詣でに行き、みなとトンネルを4往復走って、昼食を摂り、ゆっくりと休憩してから、Dr.可児へ。開演40分に到着。
感想は、「趣向満載、抱腹絶倒のライブで賑やかで楽しいピアノ連弾を堪能する」です。
まずはリゲインのCMでお馴染みの「勇気のしるし」に乗せて、始まりのご挨拶が入り、元気で明るくライブがスタートしました。続いてスコット・ジョプリンの「メイプルリーフラグ」。軽やかに弾(はず)み、生きいきと刻みました。ここで鍵盤ハーモニカに持ち替えて、サティの「ジュ・トゥ・ヴ」。優雅に揺れ、しなやかに円舞しました。次は連弾に戻り、ディジー・ガレスピーの「チュニジアの夜」。漆黒のビートで飛ばし、クールな夜風が吹き過ぎて、密林の奥に潜む堅牢な岩山を映しました。前半最後はチック・コリアの「スペイン」。涼やかで前のめりに闊歩し、カッコよく走り去り、鮮やかに決めました。
休憩を挟んで後半は「日本一周メドレー」。「水戸黄門のテーマ」で漫遊が始まり、青く光る横浜に立ち寄り、津軽海峡の冬を味わって、あずさ2号で旅立ち、小糠雨降る御堂筋を彷徨って、瀬戸の日暮れの夕波に乗り、長崎で雨に振られて、エキゾチックな日本を旅しました。そこからインドに翔んでゴダイゴの「モンキー・マジック」。電飾輝く階段を上下し、勇ましく拳(こぶし)を上げて、弾(はじ)けるように駆け巡りました。そのまま続けて"シルクロードのテーマ"=久保田早紀の「異邦人」。遙かなる地に想いを馳せ、吹き荒れる砂塵(さじん)の記憶を打ち消して、通り過ぎる悲しみを懐かしみました。ここでアフリカに因み、オリジナルの「紅風」。広大な大地に溢れる大気の波が押し寄せ、滴る水飛沫を集めて、大海へとその身を運びました。プログラム最後は「ワールドツアーメドレー」。香港で燥(はしゃ)ぎ、ロジアで一週間を過ごし、トルコで行進して、エーゲ海に魅せられ、イタリアで火の山を目指し、ブラジルで叫んで、メキシコでラ・バンバを踊り、大急ぎで世界を駆け抜けました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールは70年万博のテーマソング=三波春夫の「世界の国からこんにちは」。鍵盤ハーモニカでの凝ったアドリブを挟めて、楽しげにスイングし、賑々しく終演となりました。
こじんまりとしたカフェで親密な雰囲気の中、和気藹々(わきあいあい)と盛り上がるライブを十二分に堪能できたことに感謝し、喜ばしい気分で帰路に就きました。
スポンサーサイト



創団20周年記念 演奏サークルぽんぽこ 室内楽演奏会

2019年1月13日(日) 14:00 だいしホール 創団20周年記念 演奏サークルぽんぽこ 室内楽演奏会

弦楽四重奏曲第1番ニ長調 作品11/チャイコフスキー
 第1楽章 Moderato e seplice
 第2楽章 Andante cantabile
 第3楽章 Scherzo
 第4楽章 Finale
  奈良秀樹、河本彩(Vn) 竹内由木子(Va)、風間勇太(Vc)
シャコンヌ(チェロ四重奏版)/バッハ
  安部信之介、阿部佐和子、岩渕太紀、風間勇太(Vc)
クラリネット五重奏曲ロ短調 作品115/ブラームス
 第1楽章 Allegro
 第2楽章 Adagio
 第3楽章 Andantino
 第4楽章 Con moto
  渡辺菜緒美(Cl) 奈良秀樹、和田意織(Vn) 長尾幸(Va) 安部信之介(Vc)

金毘羅神社に詣でに行き、所要を足して、昼食を摂ってから、だいしホールへ。開演20分前に到着。
感想は、「精妙なる弦楽と柔らかなクラリネットの音色(ねいろ)に聞き入る」です。
まずはチャイコフスキーの「弦楽四重奏曲第1番」。ゆったりと艷(つや)やかに輝き、一本の綱が細やかに解(ほど)けて、大らかに波打つと、アツく刻み、急な坂を一気に駆け下りて、幾重にも重なり、結末へと追い込むモデラート。柔らかで甘やかな懐かしさで包み、まろやかな味わいを届けて、優しく揺り籠を揺らして、まったりと香り立つアンダンテ・カンタービレ。影を纏(まと)い、一陣の風に乗って、悲しみを奏で、一枚(ひとひら)の喜びを塗(まぶ)して、勢いよく駆け抜けるスケルツォ。爽やかに駿馬(しゅんめ)に跨(また)がり、艶(つや)めきと共に息長く滑走し、力を貯めて、球を回し合い、絡みつく糸を集めて、毛玉を作り上げ、涼やかに行き過ぎるフィナーレ。鮮やかな彩りで冒頭を飾りました。続いてチェロの四重奏で届けられるバッハの「シャコンヌ」。光り輝く闇の暗さを映し、力を込めて悲しみを刻み込んで、ゆっくりと歩みを進め、響きの豊穣を伝えて、幾重にも重なる音色(ねいろ)を解きほぐし、再び鼓動を編み上げ、重なる声の階層が織り成す海原(うなばら)に舟を漕ぎ出して、穏やかな日和(ひより)を楽しみ、ゆっくりと細やかに動き出して、遥か彼方へと消え去りました。
休憩を挟んで後半はブラームス の「クラリネット五重奏曲」。枯葉色の寂寥(せきりょう)が匂い立ち、秋風が虚しく吹き始めると、思い詰めた面持ちで駆け出して、暗き想念と必死に向き合い、満ち満ちる光りを遠くに見つけて、折り重なる哀しみを振り切り、犇(ひし)めく人混みへと力なく分け入るアレグロ。明るくも遣る瀬無い諦(あきら)めを漂わせ、淡々と流れを見つめて、癒やしの時を過ごし、突然色を変えて、くっきりと悲しみを浮き立たせ、落ち着いた侘しさで彩って、遙かなる青春を回想し、戻ることのない若さへの渇望を描き出すアダージョ。穏やかな光りを点(とも)し、滑らかに艶(つや)めきで塗り替えて、軽やかに舞うと、足早に走り出し、不安げに揺らめいて、細かく刻み、丁々発止の剣劇を演じるアンダンティーノ。前向きの寂しさを掲げ、込み入った暗さで照らして、切迫する苦しみを表し、押し寄せる波を受けて、嵐の海で難破し、遠くに漁火(いさりび)を見て、決戦を仕掛け、穏やかな和らぎを勝ち取り、寂寞(せきばく)の想いに包まれるコン・モート。穏やかな中に燃えるようなアツさを含んで、燻(くすぶ)り続ける熾火(おきび)の激しさをしっかりと写し取りました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールはレハールの「メリー・ウィドウ・ワルツ」。軽やかに甘く円舞して、賑々しく終演となりました。
日頃の地道な活動の集大成として行われたこの演奏会が素晴らしい出来栄えで聴衆への素敵な贈り物になったことを確認して、快い気分で家路を急ぎました。

ナオミ・ニスカラ ピアノ演奏会 in 新潟大学 ~アメリカ現代ピアノ作品を中心に~

2019年1月11日(金) 19:00 新潟大学教育学部合唱ホール ナオミ・ニスカラ ピアノ演奏会 in 新潟大学 ~アメリカ現代ピアノ作品を中心に~

6つの小品 Op.19/シェーンベルク
 1.Leicht,zart(軽く、優しく)
 2.Langsam(ゆっくりと)
 3.Sehr langsam(非常にゆっくりと)
 4.Rasch,aber leicht(速く、しかし軽く)
 5.Etwas rasch(いくらか速く)
 6.Sehr langsam(非常にゆっくりと)
<霧の中で>/ヤナーチェク
 1.Andante
 2.Molt adagio
 3.Andantino
 4.Presto
<回想>/ヘルプス
 ・追悼に
 ・間奏曲
 ・エピローグ
5つの前奏曲/ファイン
 1.Allegro
 2.Adagio calmato
 3.Allegretto,un poco rubato
 4.Allegro moderato,ben articolato
 5.Allegro brillante,ben ritmico
シャル・ウィー・ダンス/ヘルプス
ピアノ・ソナタ 第1番/セッションズ
 Andante-Allegro
 Andante-Poco meno mosso-Andante
 Molt vivace

ナオミ・ニスカラ(Pf)

仕事を終えて、海岸道路を一路、新潟大学へ。開演25分前に到着。
感想は、「すっきりと力強く、しなやかで繊細なピアノを十二分に堪能する」です。
まずはシェーンベルクの「6つの小品」。くっきりとした小さな結晶が、幾つもの欠片(かけら)に分裂して、儚(はかな)げに浮遊する《軽く、優しく》。硬質な触手が柔らかく揺蕩(たゆた)う《ゆっくりと》。小さく跳ね回り、氷片(ひょうへん)が辺りへと散らばる《非常にゆっくりと》。不安の影が薄っすらと覆い、軟(やわ)らかに舞い踊る《速く、しかし軽く》。雨粒が急ぎ足で行き過ぎ、淡雪がふわりと浮かんで戯(たわむ)れる《いくらか速く》。微かに光る水玉が静かに煌めき、消え入るようにその存在を主張する《非常にゆっくりと》。端正で小振りながら、永遠なる響きを届けました。続いてヤナーチェクの「霧の中で」。何気ない素振りで悲しみを裏打ちし、耀きを内に秘めて、大きく膨らませ、旧(ふる)くから伝わる調べを模して、忙(せ)しく駆け込み、束の間の喜びを刻み込むアンダンテ。光差(ひかりさ)すひとときに、長閑(のどか)なる香りを匂わせ、ゆっくりと硬軟を対比させて、鮮やかに水飛沫(みずしぶき)を上げ、激しく水面を掻(か)き乱すモルト・アダージョ。ゆったりと歓びで飾り、穏やかに波立ち、意を決して立ち上がるアンダンティーノ。枯葉舞う道を穏やかに進み、哀しみを抱えて塞(ふさ)ぎ込むと、巻き立つ木枯らしが樹々を揺らすプレスト。入り乱れる感情を冴え渡る手腕で導き出しました。前半最後はヘルプスの「回想」。翳りある穏やかさが光りを増し、ゆっくりと歩み出すと、霧雨の中に煌めきが漂う「追悼に」。速く微細な震えを幾重にも重ね、遙かなる空間に微粒子を浮かべる「間奏曲」。不穏な囁きが聞こえ、深く暗い淵(ふち)を覗き込み、冷たく光る剣先が顔面を掠(かす)めて、不規則に乱打する「エピローグ」。迷える心の有り様(よう)を映し出しました。
休憩を挟んで後半はファインの「5つの前奏曲」から。小鼠(こねずみ)が飛び跳ねて、ちょろちょろと駆けずり回るアレグロ。ゆったりと優しく対流する温水が、濁りを伴って緩やかに動き出すアダージョ。優雅に横揺れし、楽しげに遊ぶアレグレット。角張(かくば)った動作で蛇行し、速足で駆け抜けるアレグロ・モデラート。急峻な階段を駆け下り、速い足取りで右往左往するアレグロ・ブリランテ。兼ね備えた強靭な力で、明るさと軽さを描き出しました。続いてヘルプスの「シャル・ウィー・ダンス」。穏やかによろめき、灰色の甘さで味付けて、ふらつくように舞い降り、硬い芽が大きく成長し、複雑に分裂して、再び集結し、キラキラと浮かび上がりました。プログラム最後はセッションズの「ピアノ・ソナタ 第1番」。切なさを石灰にまぶし、僅かな悲しみを不規則に弾(はず)ませて、ゴツゴツとした岩礁を形作るアンダンテ。細かく砕いて、ゴリゴリとねじ込み、垂直に円柱を幾つも打ち込んで、そそり立つ神殿を構築するアレグロ。千鳥足で虚ろな白壁を見つめ、冷たく健(すこ)やかに酩酊するアンダンテ。しなやかで冷たく、穏やかに見え隠れするポコ・メノ・モッソ。水槽に張った海水が揺れ、焼けた鉄板の上を油が勢いよく跳ね飛ぶアンダンテ。なだらかな坂を速度を上げて、輝きながら下り降り、細き網目を織り上げて、力尽くで火花を散らすモルト・ヴィヴァーチェ。茫洋たる地平から旅立ち、熱狂と興奮の坩堝(るつぼ)へと聴衆を叩き込みました。
会場からは大きな拍手が贈られ、素晴らしいパフォーマンスを大いに讃えました。
なかなか聞けないアメリカ及び欧州の近現代曲をまとめて聞かせて頂いたことに大いに喜びを感じ、誇らしい気分で家路を急ぎました。

1月の予定

1月の予定です。

2019年1月11日(金) 19:00 新潟大学教育学部合唱ホール ナオミ・ニスカラ ピアノ演奏会 in 新潟大学 ~アメリカ現代ピアノ作品を中心に~
2019年1月13日(日) 14:00 だいしホール 創団20周年記念 演奏サークルぽんぽこ 室内楽演奏会
2019年1月27日(日) 18:00 ドクター可児 ラフ&ラグ ワールドツアー

1月も頑張ります。

12月のまとめ

12月のまとめです。

行ったコンサート。

2018年12月1日(土) 18:30 新潟市民芸術文化会館コンサートホール 新潟大学管弦楽団第55回定期演奏会 
2018年12月2日(日) 13:00 新潟市民芸術文化会館コンサートホール・ホワイエ 東響ロビーコンサート
2018年12月2日(日) 14:00 だいしホール 巻古典ギター同好会第12回定期演奏会 
2018年12月2日(日) 13:00 新潟市民芸術文化会館コンサートホール 東京交響楽団第111回新潟定期演奏会 
2018年12月3日(月) 19:00 新潟市民芸術文化会館スタジオA 本間優 ピアノ・リサイタル 
2018年12月4日(火) 19:20 NEXT21アトリウム ANTI MUSIC LIVE QUESTION 
2018年12月6日(木) 19:00 新潟市民芸術文化会館スタジオA 外山裕介 ユーフォニアム・リサイタル 
2018年12月7日(金) 19:00 新潟市音楽文化開館大ホール 新潟大学 教育学部 音楽科 第36回定期演奏会 
2018年12月9日(日) 14:00 新潟市民芸術文化会館コンサートホール 第19回新潟第九コンサート2018 
2018年12月13日(木) 19:00 新潟市民芸術文化会館コンサートホール りゅーとぴあ★オルガン・クリスマスコンサート2018 
2018年12月14日(金) 18:00 朱鷺メッセエスプラネード ~開廊10周年祈念 小飯柄眞理子展特別企画 地濃貴子ピアノソロゴールド&シルバーの夜 ゴールドの夜 
2018年12月19日(水) 13:30 コンチェルト Ikiatari Battari na Live 2nd season December version 
2018年12月22日(土) 10:00 Dr.可児 朝からクラシック 
2018年12月22日(土) 15:00 砂丘館 ファビオ・ボッタッツォ&田中トシユキ DuoLive 2018 
2018年12月25日(火) 18:30 新潟市音楽文化会館 BSN 愛の募金チャリティーコンサート 水谷川優子&マーク・ゴトーニ チェロとヴァイオリンの協宴 
2018年12月28日(金) 12:30 新潟市音楽文化会館 ソプラノ 柳本幸子 & Niigata 歌声ひろば《野ばら》クリスマス☆年末コンサート2018 

16件でした。1月から通算162件でした。

行きたかったコンサート。

2018年12月1日(土) 18:00 イクネスしばた 図書館クリスマスコンサート in イクネスしばた 
2018年12月1日(土) 19:00 新潟市民芸術文化会館スタジオA 大滝俊 ピアノソロコンサート2018  
2018年12月2日(日) 11:30 カーブドッチホール 新潟フルート アンサンブル・アカデミー クリスマス・ランチコンサート 
2018年12月2日(日) 14:00 新潟のぞみルーテル教会 山本真希 クリススマス オルガン・チャリティコンサ-ト 
2018年12月2日(日) 14:00 内野町づくりセンター 鍵盤世界へようこそ ピアノ:川崎祥子+チェンバロ:笠原恒則 
2018年12月2日(日) 14:00 見附市文化ホール大ホール 第26回アルカディア音楽祭 バロック音楽のたのしみ 
2018年12月2日(日) 14:00 上越教育大学講堂 金管五重奏団 Brass Collection Concert 
2018年12月5日(水) 11:30 新潟市民芸術文化会館コンサートホール りゅーとぴあ1コインコンサート vol.99 奥深い音色“チェロ” 
2018年12月8日(土) 14:00 新潟市民芸術文化会館コンサートホール 新潟県警察音楽隊第38回定期演奏会 
2018年12月8日(土) 14:00 新潟市音楽文化会館練習室13 冬の午後のコンサート vol6 
2018年12月9日(日) 13:30 新潟県民会館大ホール 新潟中央高等学校音楽科第21回定期演奏会 
2018年12月9日(日) 14:00 新発田市生涯学習センター 第19回藤原真理コンサート 
2018年12月9日(日) 14:00 妙高市文化ホール大ホール オペラ「景虎」 ~海に消えし夢~ 全2幕・世界初演 
2018年12月10日(月) 18:00 ホテルオークラ新潟 新潟オランダ協会総会 記念演奏会 柳本幸子・田中幸治 演奏会 
2018年12月15日(土) 15:00 だいしホール 鍵冨弦太郎・奥村 愛 ヴァイオリン・デュオ・コンサート 
2018年12月15日(土) 15:00 朝日酒造エントランスホール SanDoコンサート vol.96 クリスマスのオルガン 
2018年12月16日(日) 14:00 燕市文化会館大ホール 歓喜のつばめ第九演奏会 
2018年12月16日(日) 14:00 長岡リリックホールコンサートホール リリック・ジュニアフェスティバル2018 
2018年12月16日(日) 14:30 ヒーリングホール モンテヴェルディ合唱セミナー・ミニコンサート 
2018年12月21日(金) 14:00 新潟市民芸術文化会館スタジオA アフタヌーン コンサート 
2018年12月22日(土) 10:45 柏崎市産業文化会館 第3回柏崎ジュニア弦楽合奏団クリスマス発表会 
2018年12月23日(日) 13:30 新潟市音楽文化会館 新潟市ジュニアオーケストラ教室 クリスマスコンサート 2018 
2018年12月23日(日) 14:00 見附市文化ホール大ホール アルカディアピアノフェスティバル わたしの街のピアニスト  
2018年12月24日(月) 14:00 新潟市万代市民会館 丸田悠太 マスタークラス&フルート・ピッコロ コンサート 
2018年12月24日(月) 14:00 長岡リリックホールコンサートホール 長岡交響楽団第8回ファミリーコンサート 
2018年12月24日(月) 14:00 三条市中央公民館大ホール 水谷川優子 10周年記念スペシャル・ピアノ三重奏 

16件でした。2019年も頑張ります。