回想~ティンパニ購入顛末記 クラシック音楽におけるお金の使い方の一事例 その4 

それから数週間が過ぎ、OBオケの練習時にF君と会って、自体の進捗を確認すると、まだ結論は出ておらず、彼は若干弱気になっていた。そこで私は努めている会社の綱領の一節を思い出し、こう言って励ました。
「正々堂々と根性を据えて掛かれば必ず道は開ける」
そしてさらに数週間後、私の携帯に連絡が入り、購入が決定したことが告げられた。問題のOBオケも我々の気持ちを理解し、"打楽器パートも金を出す"という取り組みの本気度を汲んでくれたことで了承を得られることとなった。
後は具体的購入作業に移ったが、これはF君たちに任せておいた。途中「金額が少し上がりそう」との話もあったが多少の変動は吸収可能と踏んでいたので、そのまま進めてもらった。結果全額現金での支払いということで若干のディスカウントもあり、額は少しお安くなり、無事購入を果たした。
楽器を東京から新潟へ運ぶ手配は、Sフィルの新しい楽器を納入する打楽器専門店が行ってくれ、N大オケの保管場所へと搬入された。

新しい楽器購入に対するまわりの反響は好意的なものが多く、
当時のN大オケの現役メンバーは
「(以前から使っている)革の大太鼓とベストマッチ!」
打楽器のすぐ前にいる金管楽器は奏者からは、
「(その良さが)背中でわかりますよ」 
そして一番嬉しかったのは
「(お金を立て替えたことに対して)ジョバンニさん、カッコよすぎますよ!」
これを聞いて、ここまでの努力は無駄でなかったと胸をなでおろしたのであった。

立て替えたお金は5年後までで、多少のトラブルはあったが、きちんと回収し、購入予定の新車も買うことができた。

この楽器は現在でも新潟にある学生オーケストラと、そのOBによるアマチュアオーケストラで聞くことができるので、機会があれば、ティンパニの音に耳をすませていただければ幸いである。

以上音楽における有益と思われるお金の使い方を披露させて頂いた。何かのご参考になることを祈って、筆を置きたいと思う。

完。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する