FC2ブログ

Ikiatari Battari na Live 睦月の巻 昼の部

2018年1月10日(水) 13:30 コンチェルト Ikiatari Battari na Live 睦月の巻 昼の部

第1部
 一月一日/上真行
 五木の子守歌/日本民謡
 竹田の子守唄/ 〃
 バードランドの子守唄/シアリング
 夢の中へ/井上陽水
 風立ちぬ/大瀧詠一
 3月9日/藤巻亮太
第2部
 ドラえもんのテーマ歴代メドレー
 ひまわり/秦基博
 いつも何度でも/木村 弓
 魔女の宅急便/久石譲
 やさしさに包まれたなら/荒井由実
 いい湯だな/いずみたく
 ピース/→Pia-no-jaC←

みなとトンネルを4往復走り、昼食をとってから、コンチェルトさんへ。開演15分前に到着。
感想は、「年明けの昼下がりにリラックスしたライブを楽しむ」です。
まずは新年ということで「一月一日」からスタート。軽々とスイングして、冒頭を飾りました。続いて子守唄シリーズ第1弾の「五木の子守歌」。洗練の衣で悲哀を包んで、軽やかに届けました。さらに「竹田の子守唄」になると、哀しげな懐かしさに煌めきを振りかけて、ジャジーに伝えました。締めは「バードランドの子守唄」。小粋で陽気に弾(はず)んで、明るさで彩りました。次は井上陽水の「夢の中へ」。ワクワクするときめきで駆け抜け、ちょっとしんみりとして、再び走り出しました。続けて松田聖子の「風立ちぬ」。瑠璃色の波立ちで切なさを運びました。第1部最後はレミオロメンの「3月9日」。過ぎ去った青春の甘やかさを優しく奏でました。
休憩を挟んで第2部は「ドラえもんのテーマ」の歴代メドレー。それぞれの思い出を巧みに繋(つな)いで、会場を沸かせました。続いて映画版の主題歌である秦基博の「ひまわり」。胸に沁みる儚さから希望へと橋渡しして、暖かく癒しました。次は「千と千尋の神隠し」の「いつも何度でも」。白く光る灯りで照らし、清明な響きで仕上げました。さらに「魔女の宅急便」では、可愛い素振りで楽しげにスキップしました。そしてユーミンの「やさしさに包まれたなら」。ウキウキと歩み、緑の風を受けて微笑みました。ここでちょっと気分を変えて「いい湯だな」。硬質な切れ味で愉しくじゃれ合いました。最後は→Pia-no-jaC←の「ピース」。沸き立つリズム、弾(はじ)けるパワーで突進しました。
会場からは大きな拍手が贈られ、いつもながらの選曲の妙とそれを軽々と熟(こな)す技の冴えを讃えました。
今日もまったりとして楽しい雰囲気と快い演奏を楽しめたことに感謝して、喜ばしい気分で、帰路に付きました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する