Noism2 定期公演 vol.9

2018年1月26日(金) 19:00 新潟市民芸術文化会館スタジオB Noism2 定期公演 vol.9

金森穣振付Noismレパートリー
演出:山田勇気(Noism2リハーサル監督)
出演:Noism2
1.「Nameless Poison-黒衣の僧」(2009年)より
 音楽/P.チャイコフスキー《白鳥の湖》より第一幕 第1場《情景》
2.「Nameless Hands-人形の家」(2008年)より
 音楽/アルヴォ・ペルト《Collage sur B-A-C-H》より《Ⅱ.Sarabande.Lento》
 衣装:中嶋佑一(黒衣)
3.「ASU-不可視への献身」(2014年)より
 音楽:ボロット・バイルシェフ《Rainbow》
4.「Nameless Hands-人形の家」(2008年)より
 音楽:イングランド民謡《Greensleeves》
 衣装:中嶋佑一(黒衣)
5.「PLAY 2 PLAY-干渉する次元」(2007年)より
 音楽:トン・タッ・アン《PLAY 2 PLAY》(2003 Ver.)
6.「SHIKAKU」(2004年)より
 音楽:J.S.バッハ《無伴奏チェロ組曲 第5番 ハ短調 BWV1011 4.Sarabande》
7.「Zone-陽炎 稲妻 水の月」「academic」(2009年)より
 音楽:J.S.バッハ《無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第1番 ロ短調 BWV1002 5.Sarabande》
新作『私を泣かせてください』
演出振付:島地保武
音楽:ゲオルグ・フリードリヒ・ヘンデル、岡直人
衣裳:山田志麻
出演:Noism2

Noism
芸術監督/金森穣
副芸術監督/井関佐和子
Noism2リハーサル監督/山田勇気
Noism2メンバー/西澤麻耶、片山夏波、門山楓、牧野彩季、三好綾音、岩城美桜、森加奈、森川真央、鈴木夢生
製作/上杉晴香、堀川いづみ、関佳蓮、遠藤龍

仕事を終え、雪道を安全運転でりゅーとぴあへ。開演40分前に到着。
感想は、「深遠なる表現と若き息吹の発現に魅了される」です。
前半は「金森穣振付Noismレパートリー」。打ち鳴らされる"四つ打ち"に乗って溌剌と序曲を繰り広げる「Nameless Poison-黒衣の僧」の《情景》。一人切なさを受け止め、苦しみにまみれる「Nameless Hands-人形の家」の《Ⅱ.Sarabande.Lento》。怪しい祭囃子に乗り、強制され、引き攣った笑いで踊る「ASU-不可視への献身」の《Rainbow》。平原に立つ一本の木を背景に、操られるものが、隙を見ては後見役に抗(あらが)い、その関係性を問い質(ただ)す「Nameless Hands-人形の家」の《Greensleeves》。清新な生命の息吹を放ちながら離合し、集散する「PLAY 2 PLAY-干渉する次元」の《PLAY 2 PLAY》。孤独な振舞いで葛藤と苦悩を演じる「SHIKAKU」の《無伴奏チェロ組曲 第5番 Sarabande》。実体化する鏡像と対峙し、ゆっくりと溶け合って、一点へと収斂(しゅうれん)する「Zone-陽炎 稲妻 水の月」「academic」の《無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第1番 Sarabande》。幾つもの場面を切り貼りし、集団と個を対比させて、新たなる可能性を築き上げました。
休憩を挟んで後半は「新作『私を泣かせてください』」。対立するもの同士が入り乱れ、小競り合いを引き起こし、さざめく波風を立たせると、壁を築き、光りと闇に別れ、あちら側では耀きを鼓舞し、こちら側では暗がりを誇示しました。群集が去り、それぞれの切れはしが向かい合い、争って、火花を散らし、姿を隠すと、3つの身体が微速で絡み合い、静寂を醸し出しました。人々が舞い戻り、生きいきと煩(うるさ)いほどの会話をし、場からはみ出して、訴えを放ち、絆で繋がれて、やがて消え去りました。残された2人が、お互いの天性をむき出しにして向かい合い、力を尽くして闘って、やがて燃え尽きました。
会場からは大きな拍手が贈られ、数回のカーテンコールで、素晴らしい舞踊を行った者たちを大いに讃えました。
訓練された肉体が齎(もたら)す興奮と、元気と明るさを弾(はじ)けさせる若さの眩(まぶ)しさが交錯する舞台を目の当たりにして、驚きと感動を頂いたことに感謝して、喜ばしい気分で、家路を急ぎました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する