第76回新潟室内合奏団演奏会

2018年2月18日(日) 14:00 新潟市音楽文化会館 第76回新潟室内合奏団演奏会

歌劇「ロミオとジュリエット」より序曲/グノー
同1幕よりアリア「私は夢に生きたい」/ 〃
同4幕より前奏曲/ 〃
同4幕より「ポイズンアリア」/ 〃
交響曲第4番 ホ短調 Op.98/ブラームス
 第1楽章:アレグロ・ノン・トロッポ
 第2楽章:アンダンテ・モデラート
 第3楽章:アレグロ・ジョコーソ
 第4楽章:アレグロ・エネルジーコ・エ・パッショナート

小山瑠美子(S)
新潟室内合奏団
松川智哉(指揮)

ヤマハ新潟店から戻り、昼食を取り、音楽文化会館へ。開演10分前に到着。
感想は、「素晴らしい歌声と力の籠った演奏に聞き入る」です。
まずは歌劇「ロミオとジュリエット」よりの抜粋で、最初は「序曲」から。力強く堂々と奏で、悲劇の幕開けを描き出しました。続いて同1幕よりアリア「私は夢に生きたい」。明るい春風を運び、楽しげに振舞い、一瞬影が差し込むも、輝きを拡げて、喜びを沸き立たせました。次は同4幕より「前奏曲」。ゆっくりと柔らかく、甘やかさを届けました。前半最後は同じく第4幕より「ポイズンアリア」。忍び寄る暗雲が、嵐の予感を知らせ、不安な心持ちを歌声に乗せて、劇的に爆発させ、穏やかに収めると、優しく、希望を持って前へ進み出すも、押し寄せる運命に、悲しみの旗を掲げました。
休憩を挟んで後半はブラームスの「交響曲第4番」。枯葉揺れる秋の夕暮れに、愁いの調べが行きかうと、厚い雲が重なり合い、ずれながら絡み合って、青銅の楼閣を築き上げる第1楽章。ゆったりと落ち着いた、暖かみのある光りで照らし、安らぎの色合いで塗り分け、時に大いなる力を繰り出す第2楽章。押し寄せる大波が吼(ほ)え、畳みかけるように打ち鳴らして、水飛沫(みずしぶき)を上げ、包むように抱きしめて、がっちりと締めくくる第3楽章。暗く激しい洪水が溢れ出し、隠された古文書(こもんじょ)を解き明かして、僅かな安息を楽しみ、最後の決戦に挑む第4楽章。込み入った迷路を探索し、知性の光りで道筋をつけ、大胆に切り開いて、勇敢に立ち向かいました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールはグノーの「ファウスト バレエ音楽」から「トロイの娘の踊り」。甘やかでゆったりと奏でて、しめやかに終演となりました。
鳴り響く管弦楽に一歩も引けを取らない歌声と、肌を切り裂くような寒風吹きすさぶ外の寒さを吹き飛ばす交響楽に明日を生きるパワーを頂いたことに感謝して、喜ばしい気分で、家路を急ぎました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する