FC2ブログ

新潟サクソフォーン協会第24回演奏会

2018年3月4日(日) 14:30 だいしホール 新潟サクソフォーン協会第24回演奏会

四重奏
 My favorite things/ロジャース
  平田和彦(S.Sax) 山宮昭彦(A.Sax) 樋口健太郎(T.Sax) 横山有希(Br.Sax)
独奏
 ギリシャ組曲/イトゥラルデ
  樋口健太郎(A.Sax) 斎藤愛子(Pf)
 ワルツ形式によるカプリス/ボノー 
  山宮昭彦(A.Sax)
 組曲「プロヴァンスの風景」より/モーリス
  ジプシー女、熊ん蜂
  平田和彦(A.Sax) 八子真由美(Pf)
ジャズ
 Someone to watch over me/ガーシュイン
 アメリカン・パトロール/ミーチャム
  大久保順司 横山有希(A.Sax) 三国岳彦(T.Sax) 山際規子(Pf) 横山則夫(Cb) 間雅弘(Ds)
四重奏
 サキソフォーン四重奏曲より 第3楽章/シュミット  
 メープルリーフ・ラグ/ジョプリン
  山宮昭彦(S.Sax) 横山有希(A.Sax) 平田和彦(T.Sax) 樋口健太郎((Br.Sax)
 アリオンの琴歌/八木澤教司
 You raise me up/ロブランド
  大久保順司(S.Sax) 澁谷研一(A.Sax) 三国岳彦(T.Sax) 横山有希(Br.Sax)
ラージ・アンサンブル
 威風堂々/エルガー
 「オペラ座の怪人」セレクション/ウェーバー
  平田和彦 山宮昭彦(S.Sax)
  大久保順司 神戸哲郎 近藤純子 澁谷研一(A.Sax)
  小里綾香 三国岳彦(T.Sax)
  樋口健太郎 横山有希(Br.Sax)
 賛助出演
  風間一吉(Per)

りゅーとぴあから戻り、昼食を取り、自転車でだいしホールへ。開演20分前に到着。
感想は、「様々な形態のサキソフォーンによる演奏を楽しむ」です。
まずは四重奏で映画音楽の「My favorite things」から。親しみやすい旋律が甘酸っぱく響き、都会の喧噪の中、上空を燕が飛び交いました。続いての独奏の部はイトゥラルデの「ギリシャ組曲」よりスタート。角張った建造物が立ち並び、不規則に歩み出し、不器用に踊ると、艶(つや)めいて寄り添い、大空を突き抜けて、ざわめく街角で乱れ舞い、慌(あわ)てて行き過ぎて、東方へ駆け抜けました。次は無伴奏でボノーの「ワルツ形式によるカプリス」。曲がりくねって枝を伸ばし、千鳥足でよろめいて、ふと立ち止まり、キョロキョロと見回して、よろけながら降下しました。独奏の最後はモーリス「組曲『プロヴァンスの風景』」より2曲。勢いを持って進み、力尽くで押し切る「ジプシー女」。噴煙を撒き散らし、高く低く飛行して、羽音を燻らす「熊ん蜂」。光景を描写しました。前半最後はジャズ編成による演奏。ふんわりと漂(ただよ)い、柔らかに霞(かす)み、安らぎで包み込むガーシュインの「Someone to watch over me」。ここで地元の温浴施設"アクアパーク"のCM音楽を挟んで、ミーチャムの「アメリカン・パトロール」。明るく楽しく、軽快なノリで、ご機嫌な幸福感を届けました。
休憩を挟んで後半は再びの四重奏。最初はシュミットの「サキソフォーン四重奏曲」より第3楽章。鈍色(にびいろ)の霧が掛かり、不安げに揺蕩(たゆた)うと、やがて光が差し、速度を落として、ゆっくりと着地しました。続いてスコット・ジョプリンの「メープルリーフ・ラグ」。底抜けに明るく跳ね、横方向に揺れて、賑やかに囃(はや)しました。次の組では八木澤教司の「アリオンの琴歌」に、勇気凛凛で立ち向かい、足早に大空へ駆け上がると、ケルティック・ウーマンで有名な「You raise me up」を優しく、暖かに包み込み、胸に迫る思いを届けました。プログラム最後は総勢10人のラージ・アンサンブルでエルガーの「威風堂々 第1番」から。煌めきを騒がしげな足音に乗せて行進し、肌触りの良い響きで心の高まりを溢れさせて、栄光の旗を振り回すと、ウェーバーの「『オペラ座の怪人』セレクション」では、大仰に見得を切り、希望を込めて前進し、あの頃を懐かしんで、しっかりと決意を込め、障壁へ立ち向かいました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールは「威風堂々」の後半をもう一度。胸に迫る調べを奏でて、にぎにぎしく終演となりました。
同族の楽器が一堂に集い、四半世紀近くも演奏会を続けていることに、敬意を表して、大急ぎで次の会場へと急ぎました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する