FC2ブログ

東京交響楽団第106回新潟定期演奏会

2018年3月4日(日) 17:00 新潟市民芸術文化会館コンサートホール 東京交響楽団第106回新潟定期演奏会

モーツァルト:
歌劇「ポントの王ミトリダーテ」序曲 K.87
 Ⅰ.アレグロ Ⅱ.アンダンテ・グラチィオーソ Ⅲ.プレスト
アリア「この美しい御手と瞳のために」K.612
 オブリガード・コントラバス 北村一平
歌劇「皇帝ティートの慈悲」序曲 K.621
歌劇「魔笛」より ザラストロのアリア「この神聖な殿堂の中では」
歌劇「フィガロの結婚」より ドン・バルトロのアリア「仇を討つのは愉快だ」
歌劇「ドン・ジョヴァンニ」より レポレッロのアリア「カタログの歌」
エジプト王タモスのための合唱曲と幕間の音楽 K.345(K.336a)
 Ⅰ.僧侶たちと乙女たちの合唱 Ⅱ~Ⅴ.幕間音楽
 Ⅵ.僧侶たちと乙女たちの合唱 Ⅶa.幕間音楽 Ⅶ.祭司長と合唱

妻屋秀和(B)
松原典子(S) 松浦麗(A) 児玉和弘(T) 金子宏(B) 
にいがた東響コーラス(Chor)
東京交響楽団
秋山和慶(指揮)
安藤常光・丹藤麻砂美(合唱指揮)

だいしホールから、ダッシュで自転車を漕ぎ、開演10分前に駆け込んで、着席。
感想は、「妙なる天からの調べを体一杯に浴びる」です。
オール・モーツァルト・プログラム、まずは「歌劇『ポントの王ミトリダーテ』序曲」。生きいきと疾走するアレグロ。ゆっくりと優雅に踊るアンダンテ。ざわざわと森を駆け抜けるプレスト。爽快な気分で演奏会の幕を開けました。バス歌手とコントラバスが登場して「アリア『この美しい御手と瞳のために』」。くっきりと甘すぎない味わいで、コク深く認(したた)め、優しく弾(はず)んで、希望の輝きを速足(はやあし)で綴りました。
独奏者達が退席して、「歌劇『皇帝ティートの慈悲』序曲」。軽く速い雷鳴が鳴り、快速で飛ばして、爽やかに吹き抜け、お花畑に身軽に飛び込んで、ざわめきを奏でました。
再度ソリストが入場し、続けて3曲。穏やかに宥(なだ)め、心を込めてゆっくりと坂道を登り、暖かく光を灯す「歌劇『魔笛』」より「ザラストロのアリア『この神聖な殿堂の中では』」。力強く訴え、黒く燃え上がる炎を背に、渦巻く気配と対峙し、大きく受け止める「歌劇『フィガロの結婚』」より「ドン・バルトロのアリア『仇を討つのは愉快だ』」。軽妙に輝きを見せびらかし、愉快な気分を誇り、急がずに豊穣なる実りを語る「歌劇『ドン・ジョヴァンニ』」より「レポレッロのアリア『カタログの歌』」。表情豊かに様々な役柄を演じました。
休憩を挟んで後半は「エジプト王タモスのための合唱曲と幕間の音楽」。勇ましく、押し寄せる怒涛の波頭(なみがしら)と向き合い、嵐を掻い潜り、喜びを弾けさせて、「僧侶たちと乙女たちの合唱」を披歴すると、管弦楽単独で、暗く運命の影が走り、悲しみを宿して、細やかに震え、ゆったりと上品に、甘さを抑えた生地を膨らませ、切なさと篝火(かがりび)を取り換えながら、前を向いて急ぎ、速度を落として様子を伺い、翳りを纏(まと)って、鋭く切り込み、力を込めて、大きく急(せ)き込み、光差す土壌に悲しみを飾りつけ、それぞれの幕間を描きました。合唱が立ち上がり、光りを点(とも)して、喜びを分け合い、畳みかけるように囃し立て、麗しき調べで祝い、目出度い響きを大きく広げる2度目の「僧侶たちと乙女たちの合唱」が、ゆっくりと群れを成しました。幕間では閉ざされた空間に巻き起こる暴風雨が黒雲を呼ぶと、速度を落として行進する足取りが見え隠れし、煌々(こうこう)と闇を照らす「祭司長と合唱」が、やがて喜びと煌めきを誘(さそ)い、輝きが満ちみちて、結末へと向かいました。
会場からは大きな拍手が贈られ、独奏者、合唱、オーケストラ、そして指揮者と指導者たちを大いに称賛しました。
なかなか聞けない歌劇の聞きどころを1つの演奏会で堪能し、音楽の喜びまで頂けたことに感謝して、快い気分で、家路を急ぎました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する