FC2ブログ

西新潟中央病院ロビーコンサート(第89回)

2018年3月14日(水) 14:30 西新潟中央病院 西新潟中央病院ロビーコンサート(第89回)

アラベスク/シューマン
ワルツ 第1番/デュラン
ベルガマスク組曲より/ドビュッシー
 プレリュード
 月の光

佐藤晴香(Pf)

10km走り、所用を足し、昼食を取ってから、西新潟中央病院へ。開演15分前に到着。
感想は、「春めいたロビーに響くクリアなピアノを楽しむ」です。
まずはシューマンの「アラベスク」から。角張った氷砂糖がきらきらと零(こぼ)れ落ち、夢見るように浪漫の翳りを添え、明るく細やかな破片を舞い散らせて、穏やかに降り立ちました。続いてデュランの「ワルツ 第1番」。足早に駆け出し、光の粒を撒(ま)き散らして、息せき切って弾(はず)み、楽しさを弾(はじ)けさせました。プログラム最後はドビュッシーの「ベルガマスク組曲」より2曲。異国風に彩られた波頭が砕け散り、透明な結晶を鏤(ちりば)めて、眠たそうに水飛沫(みずしぶき)を上げる「プレリュード」。ゆったりと淡く降り注ぎ、ほのかな甘さを香らせて、微かな風に揺れる「月の光」。洗練を匂い立たせ、透き通る響きで魅了しました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールは同じくドビュッシーの「アラベスク 第1番」。沸き立つ漣(さざなみ)が拡がり、優しく呟いて、にぎにぎしく終演となりました。
年末年始から冬の洗礼を通り過ぎて、再開されたロビーコンサートが鮮やかな彩りで染められたことに感謝して、喜ばしい気分で、家路を急ぎました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する