PIANO SALON CONCERT

2018年4月8日(日) 11:00 ヤマハ新潟店1階ピアノサロン PIANO SALON CONCERT

Be Our Guest(ディズニー映画「美女と野獣」より)/メンケン
Root Beer Rag/ジョエル
さくらさくら/日本古謡
紅風/川崎祥子
涙そうそう/BEGIN
リベルタンゴ/ピアソラ

川崎祥子(Pf)

ゆっくりとした休日の朝を過ごし、徒歩でヤマハ新潟店へ。開演30分前に到着。
感想は、「響きの良いサロンで、聞きなれたピアノの音色(ねいろ)を楽しむ」です。
まずは「ディズニー映画『美女と野獣』」より「Be Our Guest」。明るく元気に跳ね廻り、快速で飛ばしました。続いてビリー・ジョエルの「Root Beer Rag」。忙しく駆け巡り、大きく区切りを付けて、賑やかに囃しました。ここで気分を変えて、日本古謡の「さくらさくら」を独自のアレンジで。ゴツゴツした氷砂糖の煌めきに淡い旋律を浮かべて、洗練の極みを届けました。次はオリジナルの「紅風(べにふう)」。遥かなる平原の記憶が沸き上がり、真っ青な海の中に上昇する気泡を描き出しました。さらに鍵盤ハーモニカを持ち出しての「涙そうそう」。どこか懐かしい調べが、むせび泣くように揺れ、しみじみと心に沁みました。プログラム最後はピアソラの「リベルタンゴ」。軽やかな哀愁と共に立ち上がり、舞踏の足並みで進み、精悍な愁いで駆け抜けて、カッコよく仕上げました。
会場からは大きな拍手が贈られ、良質なエンターテインメントに、惜しみない賛辞を送りました。
出身の音楽教室への恩返しとして、見事な凱旋を見せたピアニストの最高のパフォーマンスを鑑賞できたことに感謝して、喜ばしい気分で、帰路に付きました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する