FC2ブログ

春うらら 二胡の調べ2

2018年4月8日(日) 16:00 ギャラリー蔵織 春うらら 二胡の調べ2

風笛/大島ミチル
燕になりたい/作者不詳
なごり雪/伊勢正三
テルーの唄/谷山浩子
春よ来い/松任谷由実
八月桂花遍地開/中国古謡
パリの空の下/ジロー
ニュー・シネマ・パラダイス/モリコーネ
情熱大陸/葉加瀬太郎
夢はひそかに/David&Hoffman
リベルタンゴ/ピアソラ

※一部曲名は聞き取りの為、不正確な場合があります。

江辺玲子、伊丹弘子(二胡、Pf)

だいしホールを出て、ダッシュでギャラリー蔵織へ。開演10分前に到着。
感想は、「柔らかな二胡の奏でに癒される」です。
まずは朝ドラ主題歌、大島ミチルの「風笛」を二胡の二重奏で。遥かなる憧れを歌い、そこはかとない郷愁を誘(さそ)いました。続いて一人がピアノ伴奏に回り、作者不詳の「燕になりたい」。深山渓谷を映し、コクのある旨味を添えて、望郷の想いを伝えました。そのままイルカの「なごり雪」へ。淡い悲しみを舞い落ちる欠片(かけら)に託し、緩やかに綴りました。選手交代して届けられたのは映画「ゲド戦記」の「テルーの唄」。暖かな灯火(ともしび)で照らし、懐かしき感情を擽(くすぐ)ると、ユーミンの「春よ来い」を、薄明りの華やかさで、花びらを散らせました。二重奏に戻って、「八月桂花遍地開」。長閑(のどか)なる日差しの中、のんびりと寛(くつろ)ぐ暮らしのあれこれを描きました。再度ピアノ伴奏でシャンソンの「パリの空の下」。優しく流れ、明るい哀愁で円舞しました。さらにエンリオ・モリコーネの映画音楽から「ニュー・シネマ・パラダイス」。うっすらと空に掛かる希望の雲が、ふわりと姿を見せました。三度の二重奏で奏でられたのは、何と「情熱大陸」。激しくアツく刻み、艶やかで伸びやかに歌って、溢れる思いを解き放ちました。続いてディズニーの「シンデレラ」から「夢はひそかに」。素敵な手触りで、穏やかに慰めると、プログラム最後はピアソラの「リベルタンゴ」。押し寄せる愁いが微かな震えを伴って噎(むせ)び泣き、荒れ狂う海が渦を巻いて、粘り気のある調べで舞曲を奏でました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールは「グリーンスリーブス」。親しみと安らぎを届けて、にぎにぎしく終演となりました。
春風を運んでくるような緩やかな音色(ねいろ)で、様々な曲が聞けたことに感謝して、喜ばしい気分で、家路を急ぎました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する