FC2ブログ

新発田フルート音楽研究会 ミュージアム・コンサート 2018

2018年4月21日(土) 18:30 蕗谷虹児記念館 新発田フルート音楽研究会 ミュージアム・コンサート 2018

ソナタ第1番 イ短調/カスッテロ
ソナタ第1番 ニ短調/ 〃
 勝俣敬二(Rn.Fl)
ソナタ第4番 ト短調/マッテゾン
 勝俣敬二、鷲尾千草、大金典夫(Br.Fl)
ラ・フォリア ニ短調/ヴィヴァルディ
 Prelude.Adagio Allegro Chaconne
 勝俣敬二、大金典夫(Fl)
アンダンテ ハ長調/モーツァルト
 浅田明美(Fl)
人知れぬ涙/ドニゼッティ
 浅田明美、大金典夫(Fl)
セレナーデ 変ホ長調/ドリゴ
 金子孝男(Fl)
リゴドン/グリーグ
スカーフの踊り/シャミナード
シシリアーノとフーガ/クラップ
 勝俣敬二、新保しげみ、小島美枝子、澤村佳子(Fl)
レクイエムと冥/福島和夫
 勝俣敬二(Fl)

笠原恒則(Cemb)
中山徹(Gamb)

だいしホールから戻り、軽食を摂って、所用を足し、バイパスを一路新発田へ。
開演25分前に到着。
感想は、「フルート音楽を歴史に沿って楽しむ趣向に聞き入る」です。
まずは講師演奏でカスッテロのソナタをルネッサンス・フルートとガンバを含む通奏低音とともに2曲。ゆっくりとくすんだ明るさで奏で、パタパタと翅を拡げて、ひらひらと舞い、悲しみに裏打ちされた羽搏(はばた)きで急ぎ、上下に飛翔して、穏やかに降下する「第1番」。柔らかな泡立ちが沸き上がり、急ぎ足で波立ちを揺らし、哀しさを緩やかに表(あらわ)して、暖かな光で駆け出し、長閑(のどか)な震えで横揺れし、速度を落として降り立つ「第2番」。古(いにしえ)の響きを今に伝えました。続いてバロック・フルート3本でマッテゾンの「ソナタ第4番」。抜き足差し足で歩み、一つに寄り添い、それぞれに分かれて、淡い光線を積み上げ、忙しく羽根を動かす第1楽章。角を立てて刻み、清らかに穢れを拭き取り、幾重にも響きを重ねる第2楽章。静謐な素振りでその身を切り分け、細やかに跳ねまわり、ふわふわと浮かび上がる第3楽章。入り組んだ柱で建物を築き上げました。前半最後はヴィヴァルディの「ラ・フォリア」。濃い影を纏(まと)い、泣きながら舞踊の足取りを踏み、短く発砲して、微細に網を掛け、混迷の交わりを抜けて、疾風(はやて)を吹かせるプレリュード。ゆらゆら流れる川のせせらぎを楽しみ、小さな乱気流を巻き起こし、切なさを吐息の長さで伝え、耳元の嵐を取り込んで駆け抜けるアレグロ。心の傷を慰め、クルクルと廻り込んで、ジグザクに切り込み、急(せ)き込んで、厚く塗り込めるシャコンヌ。2本の笛で熱狂を変奏しました。
休憩を挟んで後半はモーツァルトの「アンダンテ」から。ゆるりとした足取りで優しく、時に影が差し込みながらも、しなやかに綴りました。続いてドニゼッティの「人知れぬ涙」。しとしとと降る雨を受け、哀愁のため息から、安らぎへと移り行きました。次はドリゴの「セレナーデ」。甘やかに金色の帯を曳き、俊足で駆け出して、高らかに飛び上りました。4名で取り組んだ3曲は、晴れやかに行進し、一歩一歩階(きざはし)を下り、勢いよく汽笛を鳴らすグリーグの「リゴドン」。ふかふかとした生地の上をぴょんぴょんと跳ね、快いうねりで競うシャミナードの「スカーフの踊り」。遅めの息使いで、高く長く白色光を伸ばし、層を成して積み上げるシシリアーノと、混み合った交差点で前後左右に揺れるフーガ。先頭を行く統率者に寄り添い、厚く重なり合って、隊列を組み上げました。プログラム最後は福島和夫の「レクイエムと冥」。張り詰める冷徹さが途切れ途切れに息をし、三途の川の辺(ほとり)で魂を浮遊させ、爆竹を破裂させる「レクイエム」。幽遠に匂い立ち、震えながら急(せ)き込み、偏光する絶叫がやがて中空に消え入る「冥」。成しうる技を駆使し、幻の光景を具現化させて、あの世との懸け橋を描き出しました。
会場からは大きな拍手が送られ、出演者たちの熱意の成果を讃えました。
日頃の鍛錬の果実をお披露目し、果敢に挑戦する方々のアツい心に共感して、喜ばしい気分で家路を急ぎました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する