〜古町どんどん 5番町ステージ~ <イサよん>

2018年5月13日(日) 14:30 古町五番町特設ステージ ~古町どんどん 5番町ステージ~ <イサよん!>

素敵なあなた/Secunda
マイ・リトル・スエード・シューズ/Parker
この素晴らしき世界/Douglas&Weiss
アイ・ミーン・ユー/Monk
オン・ザ・サニーサイド・オブ・ザ・ストリート/McHugh

伊佐 瞳(bcl)
斉藤伸宜(p)
五十嵐誠(b)
佐藤隆雄(d)

りゅーとぴあを出て、コンチェルトさんへちょっと寄ってから、古町五番町特設ステージへ。開演20分前に到着。
感想は、「商店街が行うお祭りに響く本格的ジャズを楽しむ」です。
まずは「素敵なあなた」から。ゆっくりと甘い夜の香りを漂わせ、小粋に弾(はず)むと、紫煙に霞み、細やかに崩して、魅惑のひとときを奏でました。続いてチャーリー・パーカーの「マイ・リトル・スエード・シューズ」。真夏の浜辺をゆらゆらと歩み、軽やかで楽しげに、うきうきした気分で満たしました。3曲目はルイ・アームストロングの「この素晴らしき世界」。まったりと優しく、全てを癒すように、雰囲気のある息吹で包みました。次はセロニアス・モンクの「アイ・ミーン・ユー」。細い枝が幾重にも絡みつき、ドンドンと足踏みして、前のめりに突っ込みました。プログラム最後は「オン・ザ・サニーサイド・オブ・ザ・ストリート」。気分を変え、悩みを忘れて、前向きに進み、安らぎと愉しさを届けました。
会場からは大きな拍手が送られ、それに応えてのアンコールは「オール・オブ・ミー」。溌剌とした輝きを一杯に発散して、にぎにぎしく終演となりました。
屋台や物販も出ている野外の特設ステージで、ソリッドでタイトなリズムセクションを従えて、カッコよく吹き抜ける一陣の風が周りの人々をハッピーにしていく様を目撃できたことに感謝して、快い気分で帰路に付きました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する