FC2ブログ

東京交響楽団第107回新潟定期演奏会

2018年5月13日(日) 17:00 新潟市民芸術文化会館コンサートホール 東京交響楽団第107回新潟定期演奏会

ヴァイオリン協奏曲 第1番 ト短調 op.26/ブルッフ
 Ⅰ.前奏曲:アレグロ・モデラート
 Ⅱ.アダージョ
 Ⅲ.フィナーレ:アレグロ・エネルジーコ
ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64/メンデルスゾーン
 Ⅰ.アレグロ・モルト・アパッショナート
 Ⅱ.アンダンテ
 Ⅲ.アレグレット・ノン・トロッポ~アレグロ・モルト・ヴィヴァーチェ
ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35/チャイコフスキー
 Ⅰ.アレグロ・モデラート
 Ⅱ.カンツォネッタ:アンダンテ
 Ⅲ.フィナーレ:アレグロ・ヴィヴァーチッシモ

アンティエ・ヴァイトハース(Vn)
東京交響楽団
齋藤友香理(指揮)

古町5番町より一旦戻り、ブログの準備をして、再びりゅーとぴあへ。開演40分前に到着。
感想は、「強靭なる精神力と卓越した技術、そして何より素晴らしい音楽性に満ちた独奏者とそれを支える管弦楽に感銘を受ける」です。
まずはブルッフ。未明の暗がりから、夜明けの光がまろやかに差し込み、劇的な抒情を放ち、胸に迫る友情の証(あかし)を奏でて、激しく波打つアレグロの前奏曲。安らぎで満たし、脈々と湧き出(い)でる光明が、優しく癒すアダージョ。溢(あふ)れ出(い)でる熱情が沸き立ち、塊りとなって聳(そび)え立つ間を、燕の如く、鮮やかに潜り抜け、全力で駆け出して、丁々発止と切り結ぶフィナーレ。巻き起こる浪漫の泉を達筆にて認(したた)めました。続いてメンデルスゾーン。ちょっとすまし顔で、さらりと優雅に振舞い、曲がりくねる軌道を、滑らかに滑走し、硬軟を取り交ぜて、秘めた力を発散し、暖かな灯りをゆったりと点(とも)して、涼しげに一陣の風を吹かせると、薄っすらと悲しみを携(たずさ)えて、高みへと急(せ)き込む第1楽章。立ち昇る竈(かまど)の煙を遠くに見て、穏やかに慰撫(いぶ)し、温かな湯気の向こうに、艶めきが過(よぎ)り、微(かす)かな哀しみを宿して、翳りを伝える第2楽章。忍び寄る光明が寄り添うと、一気に輝きを解放し、くるくると渦を巻き、颯爽と駆け抜け、大上段に切り込む第3楽章。持てる熱気を十二分に放出しながらも、上品さを失わず、充分に練り上げて、協奏を演じました。
休憩を挟んで後半はチャイコフスキー。並々と潮が満ちると、慈(いつく)しむように歌い出し、じっくりと練り上げて、まろやかに呟(つぶ)き、勢いを増して、豪華な舞踏会の幕を開け、葡萄酒を発砲させて、愁いを描き、尽くせぬ想いを一身に込めて、華麗に炸裂させ、立ち上がる水煙をすり抜けて、向かい来る敵兵を薙(な)ぎ倒すアレグロ。ほっこりと燃える灯火が照らし、柔らかな憂愁の流れを抱(いだ)いて、まろやかな陰翳を纏(まと)い、一瞬そっと消え入ると、凍土に響く祈りが、すっくと降り立つカンツォネッタ。狩りの開始を告げる雄叫びが鳴り響き、我先に獲物に飛びつくと、それを遮(さえぎ)って、低く唸りを上げ、急(せ)かすように追い込んで、平原へと抜け出し、悲しみを振り切って、力尽くで駆け巡り、閃光が広がって、嵐を巻き起こすフィナーレ。北国(ほっこく)のアツい滾(たぎ)りを爆発させ、覆(おお)い被(かぶ)さる愁いを振り払って、力の限りに闘いました。
会場からは大きな拍手が送られ、3つの嶮しい山脈を踏破した偉業を讃えました。
素晴らしい独奏者、しっかりと迎え撃つ管弦楽、全体を統率し、見事な演奏に仕上げた指揮者。その全てがこの信じがたい瞬間を提供して頂いたことに、心より感謝し、喜ばしい気分で、家路を急ぎました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する