北区フィルハーモニー管弦楽団第7回定期演奏会

2018年7月1日(日) 14:00 新潟市北区文化会館 北区フィルハーモニー管弦楽団第7回定期演奏会

歌劇「ヘンゼルとグレーテル」より第1幕への前奏曲/フンパーディンク
交響曲第7番「未完成」ロ短調 D.756/シューベルト
チェロ協奏曲 ロ短調 作品104/ドヴォルザーク

片野大輔(Vc)
北区フィルハーモニー管弦楽団
長谷川正規(指揮)

10㎞走って、昼食を摂り、バイパスを一路、北区文化会館へ。開演30分前に到着。
感想は、「力漲(みなぎ)る独奏と、それを懸命に支える管弦楽に感動する」です。
まずはフンパーディンクの「歌劇『ヘンゼルとグレーテル』」より「第1幕への前奏曲」。ゆったりと立ち込める朝霧の中、柔らかで優しい調べが香り、大らかに波を打って、可憐に弾(はず)み、賑やかに踊りました。続いてシューベルトの「交響曲第7番『未完成』」。ざわめきの草原を悲しみの風が吹きすぎ、ゆっくりと浪漫の薫りを漂わせると、突然鋭利な翳りが切れ込み、悲壮な面持ちで徘徊し、忍び寄る胸騒ぎに怯えて、鋼の響きで一途に句読点を打つアレグロ。穏やかな温もりで包み、緩やかな安らぎで癒すと、大胆に一歩を踏み出し、大股に歩んで、風にそよぐ哀しみを歌うアンダンテ。美しい旋律に秘められたアツい想いを鮮やかに描き出しました。
休憩を挟んで後半はドヴォルザークの「チェロ協奏曲」。ほの暗い夜明けの薄闇から、脈々と潮(うしお)が満ち満ちると、まろやかでコク深い筆致で郷愁の奏でが溢れ出て、懐かしい土の匂いで満たし、広やかに海を割って、豊かなる実りを一杯に捧げ持つ第1楽章。真珠の艶めきを映し、光り差す憂愁がふくよかに咲き乱れ、晩秋の静けさが安寧を連れてくる第2楽章。隊列を組んで前進し、力強く足を踏み鳴らして、切なさを鳴り響かせると、身一つで果敢に立ち向かい、切っ先鋭く立ち回りを演じて、勇壮に凱歌を奏で、葡萄色に塗り込めて、遣る瀬無い気分を切々と認(したた)め、輝ける陽光を背に結末へと駆け出す第3楽章。立ちはだかる巨大な難関を見事に突破しました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それ応えてのアンコールが2曲。ソリストが奏でる「鳥の歌」。オーケストラが演奏する「スラブ舞曲第1番」。大きく盛り上げて、にぎにぎしく終演を迎えました。
初挑戦の協奏曲で胸に迫るパフォーマンスを聞かせて頂いたことに感謝して、喜ばしい気分で、帰路のハンドルを握りました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する