FC2ブログ

Rinの会 ヴォーカルコンサートvol.2

2018年8月25日(土) 14:00 だいしホール Rinの会 ヴォーカルコンサートvol.2

【第1部】
 私は悩みに満ちて/スカルラッティ
 陽はすでにガンジス川から/ 〃
   圓山千夏(S)
 静けさはほほえみつつ/モーツァルト
 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」より"ぶって、叩いて、マゼット"/ 〃
   熊木朱音(S)
 「イタリアの牧歌」より/高田三郎
  Ⅰ.村の天使たち
  Ⅱ.思いで
   渡邉ちひろ、渡邉倫子(S)
 歌劇「ポントの女王アンダルシア」より"私はジャスミンの花"/ヴィヴァルディ
 歌劇「ファウスト」より"宝石の歌"/グノー
   佐藤七海(S)
 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」より"あぁ、立ち去りなさい裏切り者め"/モーツァルト
 歌劇「カプレーティ家とモンテッキ家」より"あぁ、幾度か"/ベッリーニ
   飯島詩織(S)
【第2部】
 「パリ旅情」より/高田三郎
  Ⅳ.街頭の果物屋
  Ⅵ.市の花屋
   廣澤ひとみ、渡邉倫子(S)
 アヴェ・マリア/ケルビーニ
 歌劇「結婚手形」より"この喜びを聞いてください"/ロッシーニ
   渡邉ちひろ(S)
 4つのリスペット/ヴォルフ=フェラーリ
  1.あなたがあの角に現れるのを見た時
  2.あぁ、あの高貴な小鳥をごらんなさい
  3.元気で美しく繊細な天使よ
  4.この世を造られた方に祝福あれ
    廣澤ひとみ(S)
 歌劇「セミラーミデ」より"麗しい光が"/ロッシーニ
    渡邉倫子(S)

斎藤美和子(Pf)

10km走って、昼食を摂り、少し休憩してから、だいしホールへ。開演20分前に到着。
感想は、「麗しき歌声の数々を楽しむ」です。
まずはスカルラッティで2曲。澄み渡る哀しみを乾いた風に乗せて、歩みを進める「私は悩みに満ちて」。明るく落ち着いた足取りで、緩やかに弾(はず)む「陽はすでにガンジス川から」。古(いにしえ)の香りを届けました。続いてはモーツァルト。ふんわりと、にこやかな表情を浮かべ、優しく柔らかに舞い降りる「静けさはほほえみつつ」。嬉しそうに艶(つや)めき、細やかに花びらを散らす「ぶって、叩いて、マゼット」。伸びやかに吹き抜けました。次はデュエットで高田三郎の「イタリアの牧歌」より。爽やかな装いで飾り、透明な響きで相和(あいわ)す「村の天使たち」。清らかなせせらぎを映し、ゆったりと波立ちを誘(さそ)う「思いで」。さっぱりとした風味で仕上げました。さらに歌劇のアリアが2つ。生命力溢(あふ)れる悲しみが広がり、淡々とした歩みで光明へと塗り替えるヴィヴァルディの「私はジャスミンの花」。喜びが弾(はじ)け、寄せるさざ波が円舞するグノーの「宝石の歌」。輝くような微笑みの歌声を届けました。第1部最後もオペラから。鮮やかに照らし出し、光の帯を長く伸ばして、豊かな耀きで彩るモーツァルトの「あぁ、立ち去りなさい裏切り者め」。暗く俯(うつむ)いて想いを綴り、向き直って切なさを振り切るベッリーニの「あぁ、幾度か」。溢れんばかりの歌声で満たしました。
休憩を挟んで第2部は二重唱で高田三郎「パリ旅情」より。清廉な涼しさを伝え、薄明りに歓喜が覗く「街頭の果物屋」。秋風が運ぶ愁いを、喜びを持って語り合う「市の花屋」。異国の街並みを巧みに奏でました。続いて独唱でケルビーニの「アヴェ・マリア」。穏やかに、繊細で強靭な絹糸を引き延ばし、ゆっくりと嫋(たお)やかに布地を編み上げました。もう1曲、ロッシーニの「この喜びを聞いてください」になると、可憐な素振りで軽やかに訴え、ちょっと忙しげに彼方へと呼びかけました。次はヴォルフ=フェラーリの「4つのリスペット」。ゆっくりと艶(つや)めき、透き通るように拡がる「あなたがあの角に現れるのを見た時」。真っすぐに速度を上げ、優雅な豊穣を運ぶ「あぁ、あの高貴な小鳥をごらんなさい」。晴れやかに、爽快な気分を齎(もたら)す「元気で美しく繊細な天使よ」。悦(よろこ)びに満ちた波動で揺らす「この世を造られた方に祝福あれ」。眩(まぶ)しい煌(きら)めきで、辺り一面を光彩で埋め尽くしめました。プログラム最期は今までの出演者を合唱に従えて、ロッシーニの「麗しい光が」。折り重なる光る雲が棚引き、惜しみなく溢れ出す大河の流れを飾って、大らかに幅を広げ、高みへと駆け上りました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールは「さくらさくら」と「竹とんぼに」。心を一つにして、美しく歌い、しめやかな終演となりました。
歌を専門とする一門が作り上げる豊かなひとときをじっくりと鑑賞できたことに感謝して、喜ばしい気分で帰路に付きました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する