FC2ブログ

東響ロビーコンサート ~ヴィオラ・カルテット~

2018年9月30日(日) 13:00 新潟市民芸術文化会館コンサートホール・ホワイエ 東響ロビーコンサート ~ヴィオラ・カルテット~

ミザルー/作者不詳
アディオス・ノニーノ/ピアソラ
現実との3分間/ 〃
リベルタンゴ/ 〃
鮫/ 〃
ウエスト・サイド・ストーリー/バーンスタイン

青木篤子、大角彩、小西応興、木村正貴(Va)

ゆっくりとした日曜の午前を満喫し、昼食を摂って、りゅーとぴあへ。開演30分前に到着。
感想は、「カッコよく楽しいヴィオラ四重奏に明日への活力を頂く」です。
まずは作者不詳の「ミザルー」。木枯らしが吹き荒れ、水面(みなも)を波立てると、葡萄の香りのほろ酔いを奏で、揺らぎながらも、足早に駆け抜けました。続いてピアソラが4曲。濃厚にステップを踏み、たっぷりと愁いをあふれさせ、甘やかに揺れる「アディオス・ノニーノ」。キツめの足捌(あしさば)きで、力任(ちからまか)せに押し込み、鋭く頭(かぶり)を降って、辺りの空間を切り裂く「現実との3分間」。細やかに刻み、甘やかな憂いを奏でて、秋色の装いで、喧騒の巷(ちまた)を飾る「リベルタンゴ」。切れ切れに見え隠れし、水面(みなも)から、徐々にその身を現して、蛇行する曲線を描く「鮫」。憂愁に満ちた亜熱帯の舞踊を届けました。プログラム最後はバーンスタインの「ウエスト・サイド・ストーリー」。都会の洗練を纏(まと)う軽やかな足取りで歩み、忍び寄る夜の香りを匂わせて、まったりと美貌を晒し、灼熱の躍動を軽やかに見せ、楽しげに弾(はず)んで、流麗に歌いました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールは「ルパン三世のテーマ」。小粋に飛ばして、にぎにぎしく終演となりました。
一見渋い楽器であるヴィオラから、お洒落で美しい奏でで持て成して頂いたことに感謝して、快い気分で帰路に付きました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する