FC2ブログ

ワルター・アウアー meets シュトゥットガルト室内管弦楽団

2018年10月12日(金) 19:00 新潟市民芸術文化会館コンサートホール ワルター・アウアー meets シュトゥットガルト室内管弦楽団

アイネ・クライネ・ナハトムジーク ト長調 K.525/モーツァルト
 第1楽章:アレグロ
 第2楽章:アンダンテ
 第3楽章:メヌエット・アレグレット
 第4楽章:ロンド
フルート・ソナタ ニ長調 作品94/プロコフィエフ
 第1楽章:モデラート
 第2楽章:プレスト
 第3楽章:アンダンテ
 第4楽章:アレグロ・コン・ブリオ
弦楽のためのアダージョ/バーバー
弦楽セレナーデ ハ長調 作品48/チャイコフスキー
 第1楽章:ソナチネ形式の小品
 第2楽章:ワルツ
 第3楽章:エレジー
 第4楽章:フィナーレ

ワルター・アウアー(Fl)
シュトゥットガルト室内管弦楽団

めでたく完走した新潟シティマラソン(フル)の休養日のため、ゆったりと過ごし、所用を片付けてから、りゅーとぴあへ。開演40分前に到着。
感想は、「極上なる舌触りのご馳走を、爽やかに、アツく届ける演奏を十二分に堪能する」です。
まずはモーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」。一気呵成(いっきかせい)に弓を振り下ろすと、軽快で鮮烈な清流が溢れ出し、生きいきと弾(はず)んで、耀きを見せるアレグロ。ふかふかと柔らかく、ゆったりと優しい光りが穏やかに揺蕩(たゆた)い、一瞬影が差すと、足早に駆け出し、くるりと廻って、緩やかに着地し、なだらかに揺れるアンダンテ。快活に階段を登り、丸みを帯びて舞い踊り、上品な佇まいで滑らかに収めるメヌエット。爽やかに水飛沫(みずしぶき)を上げ、軽やかに押し上げて、涼やかに灯りを点し、落ち着きながらも速度を上げて、勢い良く追い立てるロンド。洗練の前菜をさらりと仕上げました。
続いてソリストが登場し、プロコフィエフの「フルート・ソナタ」。ひんやりとした暖かさを纏(まと)い、奇妙な明るさで彩って、亜寒帯に拡がる平原を吹き抜ける風が、針葉樹林の間を迷走し、茫洋たる光彩を放って、高く翔け上がる第1楽章。木枯らしが、不安の影を伴って、速歩(はやあし)で駆け抜け、すらすらと達筆で航跡を認(したた)め、力尽くで追い立てて、閃光を放ち、ゆったりと地面へ降下する第2楽章。黄砂舞う春の空に、ふんわりと浮かび、輝きで飾る絲(いと)と対峙して、ゆっくりと渦を巻く第3楽章。嘲笑(あざわら)うように戯(おどけ)け、奇岩絶景の上を、軽やかに渡って、じんわりと速度を落とし、深山渓谷をしなやかに駆け巡って、穏やかな囀(さえず)りを響かせ、緩急を付けて舞い上がり、ゆるりと円を描いて、冒頭へ回帰する第4楽章。風変わりでありながら、魅力的な調べの数々を練達の腕前で届けました。会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールはグルックの「精霊の踊り」。優しくまろやかに奏でて、前半を締め括りました。
休憩を挟んで後半はバーバーの「弦楽のためのアダージョ」から。灰色の空の下、悲しみの霧雨(きりさめ)がゆっくりと降り注ぎ、影達が折り重なって、綴(つづ)れ織りを編み上げ、生命の耀きが、螺旋を描いて、穏やかに立ち昇りました。
プログラム最後はチャイコフスキーの「弦楽セレナーデ」。大上段に振り被(かぶ)り、大地の香りを伴って、想いを込めた熱情を深々と記(しる)し、愁いの表情で風雅に揺れ、滑らかに長く引き摺(ず)って、ゴツゴツと刻み、鮮やかに躍動して、昂(たか)ぶる魂を語り尽くす「ソナチネ形式の小品」。優雅な足捌(あしさば)きで輪舞し、爽やかに裾を揺らして、たっぷりと優しさを奏でる「ワルツ」。柔らかな綿毛を敷き詰め、泡立ちの上をまろやかに塗り込めて、薄っすらと沁みる慰(なぐさ)めで包む「エレジー」。ゆっくりと静かに動き始め、内に秘めた胎動を徐々に発動して、小走りに駆け出し、湧き上がる奔流を一気に開放して、熱き想いを回想し、欠片(かけら)を集めて、高みを目指す「フィナーレ」。くっきりと輪郭を描き、心に迫る情感を余すところなく伝えて、感動の嵐を呼びました。
鳴り止まぬ拍手を受けてアンコールが3曲。チャイコフスキーの「四季」より、「10月 秋の歌」が、うっくりと憂(うれ)いを秘めて、芥川也寸志の「トリプティーク」より第3楽章がざわめきと共に、モーツァルトの「カッサシオン」よりアンダンテが楽しげに奏でられて、にぎにぎしく終演となりました。
生きいきと快活に音楽を届け、漲(みなぎ)る生命力を十二分に照射して、ホール全体を喜びの光りで満たして頂いたことに感動して、快い気分で家路を急ぎました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する