FC2ブログ

東響ロビーコンサート ~ヴァイオリン&コントラバス~

2018年11月4日(日) 13:00 新潟市民芸術文化会館コンサートホール・ホワイエ 東響ロビーコンサート ~ヴァイオリン&コントラバス~

「3つのデュオ」より第1番 ハ長調/ベートーヴェン
ソナタ 変ホ長調 Op.8/ハイドン
パッサカリア/ヘンデル=ハルヴォルセン

土屋杏子(Vn)
安田修平(Cb)

休日出勤が一区切りしたところで、職場を出て、りゅーとぴあへ。開演15分前に到着。
感想は、「輝ける繊細さと、深みのある豊かさの対比を楽しむ」です。
まずはベートーヴェンの「3つのデュオ」より「第1番」。爽やかな微風(そよかぜ)が吹き、艶(つや)やかな光の絲が曲線を描くアレグロ。重く太い木の根が地を這い、長く伸びた蔓草(つるくさ)と交錯して、一点物のオブジェを形造(かたちづく)るラルゲット。足早に明るく弾(はず)み、歯切れよく床を擦(こす)り、力を込めて小舟を揺らすロンド。ちょっと気取った掛け合いで冒頭を飾りました。続いてハイドンの「ソナタ」。楽しげで軽快に奏で、日差しを受けて滑らかに綴り、ちょっと俯(うつむ)いて、九十九折(つづらおり)の山道を登る第1楽章。軽やかに刻み、淀み無く流れて、敷石を蹴って進む第2楽章。小走りに渦を巻いて駆け出し、丁々発止と剣(つるぎ)を交わして、上と下で先を競う第3楽章。喜びが溢れ出て、和やかな一時(ひととき)を届けました。プログラム最後はヘンデルの「パッサカリア」をハルヴォルセンが編曲した一品。切迫する悲しみが容赦なく訪れ、高く低くその姿を変えて、細やかに枝分かれし、いくつもの水泡を弾けさせ、脈々と血流を絆(つな)ぎ、幾重にも蛇行して頂上を目指し、粉雪を撒き散らせて、錐揉みで降下し、大上段に切り結んで、嘆きの帯を引き千切りました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールはピアソラの「サン-ルイ島」。小粋に仕上げて、にぎにぎしく終演となりました。
ヴァイオリンとコントラバスという珍しい組み合わせで、興味深いプログラムを聞けたことに感謝して、職場へと舞い戻りました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する