FC2ブログ

ジャズフラッシュ ライブ!! 2018 J-P Piirainen

2018年11月21日(水) 20:00 Jazz FLASH ジャズフラッシュ ライブ!! 2018 J-P Piirainen

リーフ・レイン
レイバンス・マーチ/フィンランド・フォークロア
ラスカル
ホワイト・デザート
マシュルカ/フィンランド・フォークロア
デヴィルズ・ジャム
ウォールス・フロム・ジャーマニー/フィンランド・フォークロア
ヴァスタヴィルタ
ニッポン・ポルスカ
トラフィック

 ※作曲者名のないものは演奏者のオリジナル曲
  曲名は聞き取りのため不正確な場合があります。

J-P Piirainen(Gt)

仕事を終えて、一旦帰宅し、夕食を摂り、少し休憩してから、ジャズフラッシュへ。開演30分前に到着。
感想は、「1本のギターから発せられる生命力溢れる音楽に酔いしれる」です。
まずはオリジナル曲の「リーフ・レイン」。鮮やかな輝きが、網目状に交差し、甘やかな日差しを奏でて、速く細やかに降り注ぎました。続いてフィンランドに伝わる調べを取り上げた「レイバンス・マーチ」。微かな愁いを纏(まと)って、暖かさで彩り、透き通る浪漫で駆け抜けました。次は自作に戻っての「ラスカル」。翳りを帯びた明るさが弾(はず)み、生命(せいめい)の息吹を弾(はじ)けさせて、溢れる熱情を浴びせました。さらに「ホワイト・デザート」になると、甘やかに囁(ささや)き、ゆっくりと静かに動き出して、大らかに希望を掲げ、湧き出す鼓動を届けました。再び祖国の伝承から「マシュルカ」。勢いよく、ご機嫌に刻み、楽しさに満ち満ちて、緩やかにうねり、影が通り過ぎて、望郷の想いを伝えました。そして「デヴィルズ・ジャム」。都会の憂愁を瑞々(みずみず)しく綴り、胸の高鳴りを幾重にも重ねました。ここでフォークロアから「ウォールス・フロム・ジャーマニー」。繊細な煌めきで飾り、光の窓を開けて、揺り籠を揺らしました。続いて最新のアルバムから「ヴァスタヴィルタ」。流体が渦を巻き、歯切れよく掻き鳴らして、陽光を呼び込みました。次は今回の来日の為に作られた「ニッポン・ポルスカ」。霧雨が烟(けむ)り、碧き雲が飛び去って、足早に疾風が吹き過ぎました。プログラム最後は「トラフィック」。活力に満ち、賑やかに囃して、山頂から谷間へと、滑らかに降下しました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールは「ソクコハルサン」。爽やかに奏でて、にぎにぎしく終演となりました。
ギター1本で、多彩な表現と、生きいきとした躍動を頂いたことに感謝して、喜ばしい気分で家路を急ぎました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する