FC2ブログ

東響ロビーコンサート

2018年12月2日(日) 13:00 新潟市民芸術文化会館コンサートホール・ホワイエ 東響ロビーコンサート

3つの二重奏曲 op.22 No.3より/クンマー
 アレグロ
 スイスのテーマによる変奏曲
10の二重奏曲 op.53 より/グリエール
 コンモート
 ヴィヴァーチェ
2つのヴァイオリンのための44の二重奏曲より /バルトーク
 からかいの歌
 子守歌
 枕の踊り
 スロヴァキアの歌
 ルテニアの歌
 新年のあいさつ
 ルテニアのコロミイカ舞曲
2つのチェロのための組曲 op.16a より フィナーレ/ポッパー

ウェンシン・ヤン、川井真由美(Vc)

12月の上京スケジュールを立て、昼食を摂ってから、りゅーとぴあへ。開演40分前に到着。
感想は、「艶(つや)のあるチェロの響きに彩られた豊かな二重奏を楽しむ」です。
まずはクンマーの「3つの二重奏曲」から2曲。勢いよく飛び出し、微笑みながら、生きいきと弾(はず)むアレグロ。優しく力強い調べが円舞し、滑らかに飛び回って、細やかに捩(ねじ)れ、薄く影を纏(まと)って、細切(こまぎ)れに刻み、速足で駆け込む「スイスのテーマによる変奏曲」。楽しげな交わりを届けました。続いてグリエールの「10の二重奏曲」から。穏やかで高貴に歌い出し、ゆっくりと大らかに揺れるコンモート。熱く焼けた表面で爆(は)ぜる豆粒が飛び散り、急ぎ足で駆け抜けるヴィヴァーチェ。魅力的な奏でで持て成しました。次はバルトークの「2つのヴァイオリンのための44の二重奏曲」より7曲。速い足取りで跳ねる「からかいの歌」。ゆったりと微睡みを誘(いざな)う「子守歌」。憂鬱な気分を畳み込む「枕の踊り」。ゆっくりと響きの重なりを楽しむ「スロヴァキアの歌」。重い足を引き摺(ず)り、絡みつく辛さを嘆く「ルテニアの歌」。飛び回って、太い航跡を残す「新年のあいさつ」。立て込んだ速さで畳み掛け、熱いお湯を囲んで踊り、ちょっと落ち着いて休み、再び駆け出す「ルテニアのコロミイカ舞曲」。短い曲達をテンポよく繰り出して、楽しみを伝えました。プログラム最後はポッパーの「2つのチェロのための組曲」よりフィナーレ。元気よく弾(はず)み、グイグイ弾き込んで、力強く絡み合い、歯切れよく刻んで、高く駆け上がりました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールはバッハの「無伴奏チェロ組曲 第1番」の「プレリュード」にサン=サーンスの「白鳥」を載せた小品。美しさを秩序の上に載せて、切なげに歌って、賑々しく終演となりました。
本公演のソリストが楽団にいるお弟子さんをパートナーとして届けられた贅沢な二重奏を心ゆくまで楽しませて頂いたことに感謝して、快い気分で次の会場へ向かいました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する