FC2ブログ

~開廊10周年祈念 小飯柄眞理子展特別企画 地濃貴子ピアノソロゴールド&シルバーの夜 ゴールドの夜

2018年12月14日(金) 18:00 朱鷺メッセエスプラネード ~開廊10周年祈念 小飯柄眞理子展特別企画 地濃貴子ピアノソロゴールド&シルバーの夜 ゴールドの夜

糸/中島みゆき
Moon River/マンシーニ
Tenderly/ WALTER
A Whole New World/メンケン
瑠璃色の地球/平井夏美
おひさま/渡辺俊幸
いのちの歌/村松崇継
ありがとう/水野良樹

地濃貴子(Pf)

10km走り、少し休憩をして、市立美術館へピカソ展を見に行き、所用を足してから、朱鷺メッセへ。開演20分前に到着。
感想は、「イルミネーション輝く回廊で聞く電子ピアノの音色(ねいろ)に和(なご)みを頂く」です。
まずは中島みゆきの「糸」が哀しくも優しく、暖かさを伝えると、「Moon River」がゆっくりと廻る糸車に乗って、氷片を煌めかせて、揺らぎました。続いての「Tenderly」では柔らかに波立つ川面(かわも)を、穏やかに行き過ぎ、涼やかな和(やす)らぎを届けました。次はディズニー映画から「A Whole New World」。希望の光を照らし、憧れを追い掛けました。さらに松田聖子の「瑠璃色の地球」では、明るさで包み込み、大きく上下して、彩りを添えました。ここからはNHKの朝ドラの主題歌が3曲。まずは平原綾香が歌った「おひさま」の主題歌。愛らしく、淡い香りを匂わせ、水玉を浮かばせて、ゆったりと揺蕩(たゆた)いました。続いて「だんだん」より「いのちの歌」。切なさを含む懐かしさで慰め、じんわりと沁みる調べを伝えました。プログラム最後は「ゲゲゲの女房」からのいきものがかりの「ありがとう」。水晶の耀きを放ち、水面に幾重にも波紋を広げて、募る想いを語りました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールは季節に合った「赤鼻のトナカイ」。軽やかに弾み、手拍子を貰って、賑々しく終演となりました。
画廊の開館10周年を記念したコンサートが、降誕祭を飾るイルミネーションの中、楽しく行われたことに感謝して、喜ばしい気分で帰路に付きました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する