FC2ブログ

アフィニス夏の音楽祭 2019 長岡 室内楽演奏会 [1]

2019年8月23日(金) 19:00 長岡リリックホール・コンサートホール アフィニス夏の音楽祭 2019 長岡 室内楽演奏会 [1]

弦楽四重奏曲 第82番 ヘ長調 op.77-2 Hob.III:82/ハイドン
 Ⅰ.Allegro moderato
 Ⅱ.Menuetto:Presto ma non troppo
 Ⅲ.Andante
 Ⅳ.Vivace assi
  川崎洋介、猶井悠樹(Vn) 南條聖子(Va) 加藤陽子(Vc)
弦楽六重奏曲 第1番 変ロ長調 op.18/ブラームス:
 Ⅰ.Allegro ma non troppo
 Ⅱ.Andante ma moderato
 Ⅲ.Scherzo:Allegro molt-Trio animato
 Ⅳ.Rondo:Poco allegretto e grzioso
  ヘンリック・ホッホシルト、 戸原直(Vn) 太田玲奈、デイヴィッド・メイソン(Va)  鈴木穂波,西村絵里子(Vc)
六重奏曲 ハ長調 op.37/ドホナーニ
 Ⅰ.Allegro appassionato
 Ⅱ.Intermezzo:Adagio
 Ⅲ.Allegro con senitiment
 Ⅳ.Finale:Akllegro vivace,grazioso
  吉岡 奏絵(Cl)  鈴木一裕(Hr) ヨーン・ストルゴーズ(Vn) 西悠紀子(Va) 玉木俊太(Vc) 居福健太郎(Pf)

第1スタジオを出て、2階へ登り、コンサートホールへと続く行列に並んで、無事入場。
感想は、「アフィニス音楽祭参加3組が作り出す室内楽の素晴らしさを十二分に堪能する」です。
まず1組目はハイドンの「弦楽四重奏曲 第82番」から。明るく柔らかに弾(はず)み、歯切れ良く、艷やかに輝いて、軽やかに鼓動を打ち鳴らし、若鮎の如き生命力で、生き生きと飛び跳ねるアレグロ。細やかに、切れ味良く刻み、柔らかで弾力を持った滑らかさで舞い、内側から喜びを照り返すメヌエット。ゆっくりと静かに動き出し、にこやかに微笑んで、悠々と歩を進めるアンダンテ。勢い良く、熱を込めて走り出し、軽快に光を放ち、紳士的に振る舞って、結末へと急ぐフィナーレ。上品さと熱っぽさをうまく混ぜ合わせて、極上の仕上がりで決めました。
続いてブラームスの「弦楽六重奏曲 第1番」。ゆらゆらと潮(うしお)が満ち始め、幾重にも折り重なって、時折水泡(すいほう)が割れ、乳白色の靄に覆われて、熱い想いが沸々と湧き出すアレグロ。愁いが深く心に沁み入り、幾筋も罅割(ひびわ)れが走って、波高く荒れる海へ漕ぎ出し、伸(の)し掛かる曇り空と対峙するアンダンテ。軽やかに跳んで、細き茎(くき)が伸び上がり、太き幹へと成長すると、黒く渦巻く気流が、大きく波打つスケルツォ。優しくも力強く、水面を蹴って、溢れ出す若さを存分に放出し、アツき記憶が、青春の名残を迸(ほとばし)らせて、力一杯駆け抜けるロンド。絡み合う情念を見事に解きほぐして、浪漫の香りを伝えました。
休憩を挟んで後半はドホナーニの「六重奏曲」。暗く翳(かげ)る雲間に、光が垣間見え、大きくうねる偏西風が、雨雲を呼んで、吹き荒れる嵐が、捧げられた松明(たいまつ)を吹き消すように、地上を走破する第1楽章。穏やかに朝靄が掛かり、不安の足音が忍び寄って、薄っすらと辺りを包み込むと、それを振り払うかのように、力強く前進し、行く手を切り開いて、地上に舞い降りる第2楽章。細やかに速く振動し、時に鋭く切り込んで、急き込むように追い込み、たっぷりと抱え込んで、憂鬱を解き放つ第3楽章。大急ぎで駆け出し、持てる熱量を全て吐き出して、滞留する蒸気を弾(はじ)けさせ、沸騰する液体を軽々と飛び越える第4楽章。襲い掛かる苦難を力に変えて、アツく激しい闘いを制しました。
会場からは大きな拍手が贈られ、六人の健闘を讃えました。
第一線の勇者たちによる素晴らしい演奏を十二分に堪能できたことに感謝して、喜ばしい気分で、帰りのハンドルを握りました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する