concerto presents インストアライブ 小笠原直子 & 門馬由哉

2014年4月24日(木) 19:00 コンチェルト concerto presents インストアライブ 小笠原直子 & 門馬由哉

Saltwater/Tommy Emmanuel
タンゴの歴史から Bordel 1900/ピアソラ
  〃      Café 1930/ 〃
小さな想い/門馬由哉
ブエノスアイレスの空のアリア/プジョール


小笠原直子(Fl)
門馬由哉(G)

仕事を終えて、急いでコンチェルトさんへ。30分前につくと公開リハーサル中でした。予定のお客様を待って、少し遅れてスタート。
感想は、「4月の新潟で、ブエノスアイレスの憂愁と夜の香りに酔いしれる」です。
最初は門馬さんのソロで「Saltwater」。もうこの曲で一気にめくるめく世界へ。ギター1本ながら、会場を包み込む響きと独特のグルーブから作り出される音楽に引き込まれました。続いて小笠原さんが加わり、ピアソラが2曲。たゆたうフルートとうねる六弦の絡み、特に2つの楽器が一瞬シンクロする場面では鳥肌が立つほどの快感が身を貫きました。
続く門馬さんの自作曲では、ラテンアメリカ風の伴奏に、日本を感じさせる洒落たメロディーが載り、安らぎを感じさせる時間を提供してくれました。
最後のプジョールは、小笠原さんからリクエストされたもので、緩急自在の曲想とそれをリアライズするお二人の競演がエキサイティングな興奮を生み出しました。
当然のようにアンコールがかかり、用意がしてなかったためその場で決まったジャズの「ミスティ」で楽しく締めてくれました。
このように書いてきましたが、コンチェルトさんのインストアライブですから、演奏はハイクオリティでも、雰囲気は和気藹々、合間のトークで笑い声が飛び交うほど、リラックスした、愉しい時間を過ごさせて頂きました。
明日25日も、新潟市中央区東堀通5の"Jazz FLASH"さんで、19時30分より本日のライブをさらにヴォリュームアップした「concerto presents Live In Jazz FLASH」が行われますので、ご興味のある方は行かれることを、強くお薦めします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

新潟市中央区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

2014/04/25 (Fri) 09:15 | ケノーベル エージェント