FC2ブログ

Ryuto Wind Ensemble

11月29日(金)18:30 新潟市音楽文化会館 Ryuto Wind Ensemble

【第1部】
 吹奏楽行進曲「秋空に」/上岡洋一
 ラプソディック・エピソード/カーター
 カッチア/マクベス
【第2部】
 デリー地方のアイルランド民謡/グレンジャー(マリン編)
 吹奏楽のための綺想曲「じゅげむ」/足立正
 三つのジャポニズム/真島俊夫
【第3部】
 「ハウルの動く城」より/久石譲(片岡寛晶編)
  世界の約束~人生のメリーゴーランド
 スーパーマリオブラザーズ(星出尚志編)
 宝島/和泉宏隆(真島俊夫編)
 ディズニー・メドレー(佐藤俊彦編)

指揮 Mark A. Marin

仕事を急いで終わらせて、飛び出したのですが、今年初めての降雪の影響か、道路状況が悪く、会場に着いたのは1曲目が終わるところでした。
会場は大入りのため、空き席を探して着席し、2曲目からの鑑賞となりました。
感想は、「縦横の良く揃った端正な演奏+いまどきの若い人のフレッシュな息吹を楽しみました」です。
ということで第1部はカーターから、吹奏楽にありがちな力まかせの演奏ではなく抑制の効いたスタイリッシュなプレイで駆け抜けると、3曲目のマクベスはメリハリのある情熱的なパフォーマンスで楽しませてくれました。
休憩なしで第2部へ。1曲目は前身であるSHOW WIND ENSEMBLEの方々のみで編成が小さくなり、いわゆる「ロンドンデリーの歌」または「ダニーボーイ」の名で知られるメロディーを奏でてくれました。編成が大きくなり落語でおなじみの「じゅげむじゅげむごこうの擦り切れ・・・」で知られる長い名前をモチーフににした面白い曲を巧みに演奏し、「三つのジャポニズム」では鶴・河・祭りのモチーフにより、「日本」の風情を表現してくれました。
インターミッション後の第3部はポップスステージでここは理屈抜きで楽しみましょうということで、曲によりいろいろ趣向をこらし、また各人・各パートのソロも交えて、いい感じのエンターテイメントを演出してくれました。
アンコールはちょっと早いですが、「ジングルベル」。これはもうビッグバンドののりで大いに盛り上がりました。
会場の案内などのコンサートの運営、MC、演奏や盛り上げ方も含めて、これからショウビジネスに進んで行かれるであろう方々が開催するコンサートとしての位置づけが感じられました。今回の演奏会に係った全ての人々の今後のますますの発展を祈念したいと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する