管楽器フェア ミニコンサート

2017年5月21日(日) 11:30 ヤマハミュージックリテイリング新潟店7階 スペースY 管楽器フェア ミニコンサート

春の歌/メンデルスゾーン
ヴェニスの謝肉祭/ブリチャルディ
白つぐみ/ダマレ
ロンドンデリーの歌/アイルランド民謡
美女と野獣/メンケン
花は咲く/菅野よう子

金子由香利(Fl)
小林浩子(Pf)

所用を済まし、ヤマハ新潟店へ。開演20分前に到着。
感想は、「白金の響きの笛の音(ね)としっかりと支える鍵盤の奏でに感動する」です。
まずはメンデルスゾーンの「春の歌」。ゆったりと涼しげに舞い、優しく歌って、聴衆の心を鷲掴(わしづ)みにしました。続いてブリチャルディの「ヴェニスの謝肉祭」。楽しげな旋律から、無数の枝葉が芽吹き、ふんわりと繁茂(はんも)し、細やかに飾りを付けて、鮮やかに駆け抜けました。ここでフルートからピッコロに持ち替えて、ダマレの「白つぐみ」。野山への行楽へと心弾(はず)む気分を、明るく盛り立て、急ぎ足で繊細に刻んで、高く囀(さえず)りました。フルートに戻って、親しみ易い曲が3つ。「ロンドンデリーの歌」が曇り空に飛ぶ綿毛のように、柔らかに懐かしさを運ぶと、「美女と野獣」を気品高く、大らかに振舞い、最後は「花は咲く」で切なさに裏打ちされた明るさを大切に届けて、感動を誘いました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールはビゼー「アルルの女」から「メヌエット」。美しさを際立たせて、にぎにぎしく終演となりました。
楽器店の管楽器フェアの催しとして行われたこのコンサートは、楽器の持つ可能性と美点をいやがうえにも強調し、さらに音楽の素晴らしさを伝える見事なものであったことに感嘆して、会場を後にしました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する