IkiAtariBattari na Live 皐月の巻 partⅡ

2017年5月21日(日) 18:30 コンチェルト IkiAtariBattari na Live 皐月の巻 partⅡ

第1部
 Silvery Tide/川崎祥子
 リトル・マーメイド/メンケン
 大好き/岡村靖幸
 ヴァニティ・エンジェル/土橋安騎夫
 見よ、勇者は帰りぬ (得賞歌)/ヘンデル
第2部
 フラワー/音妃
 木蓮の涙/柿沼清史
 ウォーターメロンマン/ハンコック
 もののけ姫メドレー/久石譲
 森のくまさん/アメリカ民謡
第3部
 紅風/川崎祥子
 ソング フォア ポセイドン/岩代太郎
 空深し/川崎祥子
 君の瞳に恋してる/クルー&ゴーディオ
 ハレルヤ・アイ・ラヴ・ヒム・ソー/チャールズ

川崎祥子(Pf)

柏崎より戻り、車を駐車場に入れて、徒歩でコンチェルトさんへ。開演20分前に到着。
感想は、「めくるめく鍵盤のマジックを楽しむ」です。
ゆるゆると始まった第1部はオリジナルの「Silvery Tide」から。波間に光る陽光が弾(はじ)け、水遊びを楽しむ子供が映し出されて、煌めく風景を綴りました。続いて映画「リトル・マーメイド」の音楽。水中から湧き上がる泡たちが集い、美しい輝きを乱反射して、まるっと一つに収斂(しゅうれん)しました。次は前回の宿題、岡村靖幸の「大好き」。駄々をこね、悪戯(いたずら)を仕掛けて弾(はず)み、イカしたビートで飛ばしました。さらにレベッカの「ヴァニティ・エンジェル」になると、にこやかに切なさを見せ、力いっぱいに入れ込んで、カッコよく仕上げました。第1部の最後は観客のお一人が将棋の大会で優勝したのを記念して、ヘンデルの"得賞歌":「見よ、勇者は帰りぬ」。ゆっくりと始まり、フレーズを切り貼りし、緩急を付けて振り回し、ご機嫌にスイングして、栄光を讃えました。
休憩を挟んで第2部は、リクエストに応えてKinki-Kidsの「フラワー」。軽やかに弾(はず)んで、楽しさを盛り上げました。続いてスター・ダスト・レヴューの「木蓮の涙」。抒情の調べが、しとしとと雨を降らせました。ここで気分を変えて、ハービーハンコックの「ウォーターメロンマン」。紫の響きが爆(は)ぜ、切れ切れに千切られて、リズムの饗宴を演出しました。さらに別な方のリクエストで「もののけ姫」メドレー。透き通る悲しみが、谷間を渡り、宝石を撒き散らして、清廉な霧で満たしました。第2部の最後は「森のくまさん」。足早に駆け抜け、お道化た表情で惚(とぼ)けました。
2回目の休憩後、第3部はCDに入っている「紅風」から。澄み渡る青空を見渡し、活発に躍動して、憧れを解き放ちました。続いて岩代太郎の「ソング フォア ポセイドン」。深く濡れた優しさで描き、美しさを聴衆の心へ沁み込ませて、心を鷲掴みにました。次は三度の自作曲「空深し」。水晶の欠片(かけら)が集合離散し、光彩を描写して、散り散りに乱反射しました。そしてこれも前回からの持ち越しの「君の瞳に恋してる」。キラキラとポップに、ときめきを伝えました。最後はしレイチャールズの「ハレルヤ・アイ・ラヴ・ヒム・ソー」。調子っぱずれを装い、ウキウキと跳ねて、喜びを分かち合いました。
行き当たりばったりのため、アンコールはありませんでしたが、にこやかな雰囲気の中、笑顔溢れる終演となりました。
その場で出たリクエストをできる限り応え、馴染みの観客の好みを読み取って、自在に執り行われるこのライブは、21世紀の新潟でのサロンコンサートにも匹敵する素晴らしいものであることに感謝して、喜ばしい気分で帰路に付きました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する