弦楽器フェア ミニコンサート

2017年7月2日(日) 11:30 ヤマハミュージック新潟店7階 スペースY 弦楽器フェア ミニコンサート

トランペット協奏曲ニ長調 第1楽章/テレマン
無伴奏チェロ組曲第1番 メヌエット Ⅰ&Ⅱ/J.S.バッハ
スカボローフェア/作者不詳
浜千鳥/弘田 龍太郎
映画「美女と野獣」より美女と野獣/メンケン

西村優輝(Vc)

朝食を取って、少し休憩してから、ヤマハへ。開演15分前に到着。
感想は、「コクのあるチェロの音色(ねいろ)を楽しむ」です。
まずはハンガリー製の楽器で、テレマンの「トランペット協奏曲ニ長調」から第1楽章。機械が奏でる伴奏に乗って、優しく輝く調べを、ゆったりと届けました。続いてバッハの「無伴奏チェロ組曲第1番」から「メヌエット」。深煎りの奏でを、滑らかに描いて、いぶし銀の彩りを添えました。ここで中国製の楽器に変えて、「スカボローフェア」。バグパイプを模して、旋律を縁取り、歩みを速めて、坂を上り、頂きへ駆け上がって、穏やかに山を下りました。楽器を戻して、次は「浜千鳥」。柔らかく、まろやかに弓を使い、ものの哀(あわ)れを、淡く綴りました。プログラム最後は「美女と野獣」。黒曜石の輝きを聞かせ、大らかに物語を語りました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールは「スモーク・オン・ザ・ウォーター」。打ち込みのビートに乗って、ノリ良く飛ばして、にぎにぎしく終演となりました。
弦楽器フェアの一環として行われたコンサートで、楽器の違いを演奏で見せてくれる試みを、興味深く体験できたことに感謝して、次の会場へと向かいました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する