IkiAtariBattari na Live 文月葉月の巻

2017年7月2日(日) 18:30 コンチェルト IkiAtariBattari na Live 文月葉月の巻

第1部
 君の友達/キング
 君はともだち/ニューマン
 キミはともだち/平井堅
 バタフライ/末光篤
 世界に一つだけの花/槇原敬之
 おじいさんの11ヶ月/近藤研二
第2部
 夜空ノムコウ/川村結花
 僕が一番欲しかったもの/槙原敬之
 メガネスーパーのCM曲/飯田信夫
 製薬会社「ロート製薬」オープニングキャッチ/津野陽二
 正露丸 喇叭(らっぱ)譜・食事/信号ラッパ
 太田胃散のCM曲/ショパン
 煙が目にしみる/カーン
 サマータイム/ガーシュイン
 この素晴らしき世界/ダグラス&ワイス
 invitation/Jin Nakamura
第3部
 雨の日と月曜日は/ウィリアムズ
 雨に唄えば/ブラウン
 栄冠は君に輝く/古関裕而 
 カントリー・ロード/Danoff&Nivert&Denver
 ギフト/フェレイラ
 センチメンタル・ジャーニー/ブラウン&ホーマー
 ルート66/TROUP
 我が心のジョージア/カーマイケル
 ディス・リトル・ライト・オブ・マイン/Traditional

川崎祥子(Pf)

長岡から戻り、車を駐車場に入れて、徒歩でコンチェルトさんへ。開演20分前に到着。
感想は、「日曜の夕方の憂鬱を楽しいピアノで吹き飛ばす」です。
まずはキャロル・キングの「君の友達」から。優しく心に沁みる旋律にじんわりと癒されました。"友達"繋がりで、映画「トイ・ストーリー」の「君はともだち」が明るく弾(はず)んで、平井堅の「キミはともだち」が思い切り弾き倒されました。続いて木村カエラの「バタフライ」。宝石箱をひっくり返したような煌めきを届けました。次はSMAPの「世界に一つだけの花」。勇気付ける調べが、徐々に坂を登って、大きく拡がりました。第1部最後は栗コーダーカルテットの「おじいさんの11ヶ月」。コミカルに大急ぎで駆け抜けました。
休憩を挟んで第2部は、「夜空ノムコウ」。暗い波間に、切なさが漂いました。続いて槙原敬之の「僕が一番欲しかったもの」。願いを込めて、鳴り響きました。次は健康に関する会社のテーマソング。メガネスーパー~ロート製薬~正露丸~太田胃散とメドレーで、威勢よく跳ねまわりました。さらに「煙が目にしみる」でいい雰囲気を醸し出し、「サマータイム」が気怠(けだる)く気分を匂わせ、「この素晴らしき世界」で葡萄酒の香りで満たしました。第2部最後は「invitation」。明るく燥(はしゃ)いで走り去りました。
2度目の休憩後、第3部は今日の天候に因んで「雨の日と月曜日は」。憂鬱を美しい旋律に乗せて心を蕩(とろ)かせると、「雨に唄えば」で陽気に水飛沫を上げました。続いて古関裕而の「栄冠は君に輝く」。活力に満ち溢れたリズムで弾(はじ)けました。次は「カントリー・ロード」。遥かな遠吠えから、ウキウキと跳びはねて、懐かしさを撒き散らしました。さらに「ギフト」で寂しさを刻み、「センチメンタル・ジャーニー」ではルーズに崩し、「ルート66」でファンキーに鳴らしました。ここで穏やかに「我が心のジョージア」。興奮をゆっくりと冷まして、最後はゴスペルの「ディス・リトル・ライト・オブ・マイン」。濃ゆいノリで疾走して、にぎにぎしく終演となりました。
今回もリクエストとそれに関連する曲目で、緩(ゆる)くも見事なエンターテイナーぶりを発揮し、聴衆を楽しませて頂いたことに感謝し、家路を急ぎました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する