第304回 ミニコンサート 第Ⅰ部 フルート・ピアノ・パーカッションによるハーモニー

2017年9月6日(水) 12:20 NEXT21・1階アトリウム 第304回 ミニコンサート 第Ⅰ部 フルート・ピアノ・パーカッションによるハーモニー

サークルオブライフ/エルトン・ジョン
紅風/川崎祥子
The Hibiee Jibeees/グラナドス
椰子の実/大中寅二
アナザースター/スティービー・ワンダー

Euphorbia(ユーフォルビア)
 市橋靖子(Fl)
 川崎祥子(Pf)
 本間美恵子(Per)

みなとトンネル往復+4kmの全力疾走をしてから、身支度を整え、NEXT21・1階アトリウムへ。開演20分前に到着。
感想は、「高い天井に響く楽しい音楽を楽しむ」です。
まずは劇団四季ミュージカル『ライオンキング』から「サークルオブライフ」。甘やかな調べが大空を舞い、軽やかに飛び廻って、冒頭を飾りました。続いてピアニスト作曲の「紅風」。広大な平原を吹き渡り、大らかに振舞って、遥かなる憧れを描きました。次はグループ内で通称"マラカスおじさん"と呼ばれている「The Hibiee Jibeees」。細かく波打ち、忙(せわ)しなく羽搏(はばた)いて、シャリシャリと踏む砂の上を自在に旋回し、鮮やかに着地しました。ここでパーカッショニストが舞台を降りて、オーシャンドラムで寄せる波を模して始まる唱歌の「椰子の実」。穏やかな海辺の午後を描写し、安らぎのひとときを演出しました。プログラム最後はスティービー・ワンダーの「アナザースター」。熱い鼓動が沸き上がり、さらりと乾いた悲しみが駆け抜けて、小粋でお洒落な賑わいを届けて、華やかにその場を締めました。
客席から大きな拍手が贈られ、昼休みのお楽しみを提供してくれた3人に惜しみない称賛を伝えました。
中央区役所移転オープン記念まちなか活性化フェスティバルの一環として行われた今回のミニコンサートは百戦錬磨の強者(つわもの)による生きいきとした息吹を十二分に運んで、市民への音楽のプレゼントが届けられたことに感動して、一旦帰宅しました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する