NIDF2017 – 『Mosaic』 『Bolero』 大邱市立舞踊団

2017年9月29日(金) 19:00 新潟市民芸術文化会館劇場 NIDF2017 – 『Mosaic』 『Bolero』 大邱市立舞踊団

Mosaic
 1.Flower (初演/premier:2012 Kicked tiger's nose)
 2.Touch+Deccalcomanie(初演/premier:2015 I saw the elephant(part1))
 3.handel 2/4 (初演/premier:2010 Mystic paradise)
 4.Gal mu ri (初演/premier:2006 AH Q)
 5.Cone (初演/premier:2015 AH Q)
 6.Chagall (初演/premier:2015 I saw the elephant(part1))
 7.Balustrade (初演/premier:2008 Horn)
Bolero
 - Sorrow of paring (初演/premier:2016)

大邱市立舞踊団
ホン・スンヨプ(振付)

仕事を終え、りゅーとぴあへ。開演40分前に到着。
感想は、「鮮やかで、すっきりとした舞踊に心躍る体験を頂く」です。
前半は『Mosaic』。仏像が命を得て動き出し、蓮(はす)が咲き誇って、涼やかに群舞する「Flower」。男女2列で女達が軽く触れると、男達が崩れ去り、しかし次々に再生し、やがて団子状に絡み合う「Touch+Deccalcomanie」。優雅な調べに乗って舞い踊る「handel 2/4」。想い通り動かない操り人形が、やがて使い手の思いに反して、自ら踊り出す「Gal mu ri」。長い嘴(くちばし)を持つ鴉(からす)が餌を食(は)み、乱舞する「Cone」。立ち込める霧の中から、バレエの踊り子が絵から抜け出し、黒子に支えられて、仮初(かりそ)めの夢を見る「Chagall」。舞台最前列に一列に腰掛けて、上半身のみでリズミカルに手振りし、舞踊の花を咲かせる「Balustrade」。過去の作品からの抜粋を、一幕の組曲に仕立てて、見る者を魅了しました。
後半は『Bolero』。凍結された二人が、斧(おの)で切り株を割るのを合図に、息を吹き返し、自身の影法師に助けられ、その動きを活性化させ、同期し、ズレ乍ら、細胞を分割し、独立し、お互いに影響を与え乍ら、頂点へ駆け上りました。
会場からは大きな拍手が贈られ、前半・後半を踊ったメンバーへのカーテンコールを祝福しました。
半島からの現代舞踊団が、鮮やかな印象とすっきりとした感動を与えてくれたことに感謝して、喜ばしい気分で、家路を急ぎました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する