新潟メモリアルオーケストラ第27回定期演奏会

2017年10月1日(日) 14:00 新潟市民芸術文化会館コンサートホール 新潟メモリアルオーケストラ第27回定期演奏会

ロビーコンサート
 1.ホルンアンサンブル
   歌劇「ローエングリン」より「巡礼の合唱」/ワーグナー
 2.木管五重奏
   日本の歌メドレー
    ~ずいずいずっころばし、七つの子、通りゃんせ、浜辺の歌
 3.クラリネット五重奏
   「四季」より秋の歌/チャイコフスキー
 4.フルートアンサンブル
   「胡桃割り人形」より葦笛の踊り/チャイコフスキー

歌劇「ローエングリン」より/ワーグナー
 第1幕への前奏曲
 エルザの大聖堂への入場
ヴァイオリン協奏曲 ニ長調/ベートーヴェン
 第1楽章 Allegro ma non troppo
 第2楽章 Largehetto-attacca
 第3楽章 Rondo-Alleguro

交響曲第12番「1917年」/ショスタコーヴィチ
 第1楽章「革命のペトログラード」
 第2楽章「ラズリーフ」
 第3楽章「アウローラ」
 第4楽章「人類の夜明け」

風岡優(Vn)
新潟メモリアルオーケストラ
工藤俊幸(指揮)

10km走って、昼食を取り、りゅーとぴあへ。開演70分前に到着。
感想は、「鮮烈なるオケと華麗なる独奏に聴き惚れる」です。
開場10分後からはロビーコンサート。一組目はホルンアンサンブル。「巡礼の合唱」を大らかに気高く調和させ、豊かな響きで満たしました。続いて木管五重奏で「日本の歌メドレー」。ちょっと戯けて飛び跳ねる「ずいずいずっころばし」、懐かしさを醸し出す「七つの子」。うっすらとした哀しみで彩る「通りゃんせ」。ふわふわとちぎれ雲が漂う「浜辺の歌」。親しみ易い旋律で飾りました。三番目はクラリネット五重奏でチャイコフスキーの「四季」より「秋の歌」。枯れ葉色の寂寥で染め、濃紺の筆致で綴りました。ロビコン最後はフルート四重奏。「胡桃割り人形」からの「葦笛の踊り」。綿毛が舞い、涼しさを撒き散らして、可愛く飛び跳ねました。
定刻になり、演奏会本編のスタート。まずはワーグナーの「歌劇『ローエングリン』」より。涼やかに一条の光が差し、柔らかに響きが広がって、ゆっくりと頂きへ登りつめる「第1幕への前奏曲」。清らかな青春の輝きを灯し、溢れ出す薫りがじわじわと充ち満ちる「エルザの大聖堂への入場」。穏やかな美しさを描き出しました。
続いてソリストが登場し、ベートーヴェンの「ヴァイオリン協奏曲」。からっと晴れた青空に自在に飛翔する独奏が輝き、暖かな木目の手触りで奏でる第1楽章。穏やかで優しく歌い、くっきりとした筆跡で認(したた)める第2楽章。朗らかに沸き立ち、雄弁に競い合う第3楽章。きりりと締まった佇まいで立ち、すらりとした姿勢で切り結びました。
鳴り止まない拍手に応えてのソリスト・アンコールはビーバーの「パッサカリア」。濃厚で清々しい香りを伝えました。
休憩を挟んで後半はショスタコーヴィチの「交響曲第12番『1917年』」。凶暴な雄叫びを挙げ、灰色の翳りを纏(まと)い、熱く血を滾(たぎ)らせて、興奮を煽る「革命のペトログラード」。ゆったりと乳白色の靄(もや)を漂わせ、細やかに硬く刻む「ラズリーフ」。荒ぶる勢いで振舞い、眩(まばゆ)い閃光を放つ「アウローラ」。砂塵を巻き上げ、悲歌の激しき咆哮で塗り込め、辛さを内に秘めた凱歌で前進する「人類の夜明け」。アツく、鋭く、悲惨と栄光をないまぜにして、歴史絵巻を描き出しました。
会場からは大きな拍手が贈られ、素晴らしい出来栄えを大いに讃えました。
昔の仲間たちの一途でアツい演奏に触れ、燃え上がる熱気を頂いて、喜ばしい気分で、帰路に付きました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する