Aki Rissanen Solo

2017年10月11日(水) 20:00 JAZZ Flash Aki Rissanen Solo

1. amorandom
2. for Jimmy giuffre
3. adventures in Moominland
4. signettes
5. all the things you are (standard)
6. Ligeti Etude No 5
7. pulsar

※曲目は主催者様のご厚意により入手致しました

Aki Rissanen(Pf)

蔵織より一旦帰宅し、ブログを上げ、夕食を取ってから、JAZZ Flashへ。開演30分前に到着。
感想は、「骨太で繊細なピアノの奏でる新しき可能性を楽しむ」です。
1曲目は「amorandom」。張り詰めた水面をゆっくりと不規則に掻き回し、散乱する鏡の破片に光を乱反射させ、氷の塊に凝縮して、穏やかに収め、静々と着地させました。続いての「for Jimmy giuffre」は、明るく軽快に弾み、やがて硬い岩肌の雲海を形成し、擦(こす)れ合って、熱を帯びました。次の「adventures in Moominland 」では、無邪気に跳ねまわり、柔らかに広がって、安らかに降り立ちました。4曲目の「signettes」はクリアな響きで幕を開け、抜けるような透明さを鳴らして、角ばって円舞しました。さらにスタンダード・ナンバーの「all the things you are 」になると、細やかに刻み、高みから飛び降りて、異形なモザイクを組み上げました。Ligetiの 「Etude No 5」では、クラシカルに譜面を見て、透き通る羽毛を浮かべ、比重を上げて、弾丸を打ち込み、声音(こわね)を上下させて、足早に駆け抜けました。セットリスト最後は「pulsar」。軽やかに歩み出し、ゴリゴリと押し上げ、彼方で分解して、ふっと立ち止まりました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールは「blind desert」。楽しげな印象を届けて、にぎにぎしく終演となりました。
ジャズをベースにアヴァンギャルドな彩りも取り揃えて、北欧よりの風を吹かせて頂いたことに感謝して、高揚した気持ちを胸に家路を急ぎました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する