新潟交響楽団第100回定期演奏会

2017年10月22日(日) 14:00 新潟市民芸術文化会館コンサートホール 新潟交響楽団第100回定期演奏会

運命の歌/ブラームス  
交響曲第2番 ハ短調「復活」/マーラー  

澤江衣里(S)
福原寿美枝(A)
新潟交響楽団
「復活」記念合唱団
箕輪久夫(合唱指揮)
川嶋雄介(バンダ指揮)
伊藤翔(指揮)

新潟大学五十嵐キャンパスを出て、途中で昼食を取り、一旦帰宅してから、りゅーとぴあへ。開演30分前に到着。
感想は、「管弦楽(含むバンダ)、合唱、独唱が三位一体になった渾身の演奏に打たれる」です。
まずはブラームスの「運命の歌」。薄墨(うすずみ)の帷(とばり)が覆(おお)い、透き通る霞が棚引いて、穏やかに時が過ぎると、一転荒れ模様の天気が襲い、闇夜の翳りを纏(まと)って、やがて光差す安寧(あんねい)を取り戻りました。
休憩を挟んで後半は、マーラーの交響曲第2番「復活」。一瞬の羽音から、不器用に身体を起こし、武骨でいかつい鎧で武装し、重々しく歩き出すと、激しい力動を放ち、時化(しけ)の海に荒波を立て、蓮の花咲く野辺に、力尽きて倒れ込む第1楽章。春風駘蕩たる草原に舞い降り、紅の縁取(ふちど)りを添え、黄土色の大地を踏みしめて進む第2楽章。跋扈(ばっこ)する魑魅魍魎(ちみもうりょう)がぬめりながら行き交い、滑稽に跳ねまわって円舞し、黄金色(こがねいろ)の閃光が舞い散って、躓(つまず)きながら消え入る第3楽章。降り注ぐ慈愛の日差しが照らし、柔らかな器で象(かたど)る第4楽章。渦巻く嵐を切り裂き、鮮烈に映して、懸命にもがき、彼方に聳(そび)える木霊(こだま)を聞き、来るべきものを迎える儀式を整えると、耀ける息吹が降臨し、光の依代(よりしろ)を高く掲(かか)げて、祈りを届け、少しく逡巡して、力強く咆哮し、大いなる結末を勝ち取る第5楽章。技を尽くし、持てる力を全て解き放って、感動の炎を燃え上がらせました。
会場からは大きな拍手が贈られ、素晴らしい成果と、演奏者たちの健闘を称えました。
第100回という節目で、このような喜び満ちた演奏を聞けたことに満足して、喜ばしい気分で、家路を急ぎました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する