新潟アナウンススクール朗読会 In ギャラリー蔵織 

2017年11月10日(金) 18:30 ギャラリー蔵織 新潟アナウンススクール朗読会 In ギャラリー蔵織 

1.持ち物はその人をあらわす 吉本ばなな作
 語り 渡邊尚子
2.遠藤実物語
 語り・歌 渡辺ヒラオ 箏演奏 奥村京子
3.山月記 中島敦作
 語り 小柳実
4.二人小町 芥川龍之介作
 地獄の使い 小柳実
 小野小町  宝よなぐ
 玉造小町   〃
 番兵     〃

仕事を終え、ギャラリー蔵織へ。開演15分前に到着。
感想は、「練達の語りにグッと心を掴まれる」です。
最初は吉本ばなな作の「持ち物はその人をあらわす」。端正な語り口で穏やかに進み、湧き上がる感情の起伏を鮮やかに切り取って、爽やかな読後感を届けました。続いて箏の演奏とのコラボレーションで「遠藤実物語」。作曲家のヒット曲を歌い、コクのある暖かな口調で苦労の多い生い立ちを綴って、心打つエピソードで感涙を誘いました。前半最後は中島敦の「山月記」。淡々とそれまでの経緯を語り、徐々に妖しくも不思議な物語に熱を吹き込み、やがて一人の男の哀しみをくっきりと描写して、もののあわれを伝えました。
休憩を挟んで後半は芥川龍之介の「二人小町」。闇を切り裂く箏の奏でに乗って、コミカルに掛け合う美女と死神。その軽妙なやりとりから、もう一人の佳人との交わりへと移り変わり、間の抜けた争いを通り抜けて、時は過ぎ、変わり果てた老婆との会話でこの世の無情をあっけらかんと映して、糸の響きできりりと締めくくりました。
会場からは大きな拍手が贈られ、多彩なる演目での語りを讃えました。
鍛え上げらえた声音(こわね)による朗読が、がっちりと心に食い込み、感動や笑いで持て成して頂いたことに感謝して、気分良く家路を急ぎました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する