FC2ブログ

東響ロビー・コンサート

2017年12月3日(日) 13:00 新潟市民芸術文化会館コンサートホールホワイエ 東響ロビー・コンサート

朝7時に湯治場で二流のオーケストラによって初見で演奏された「さまよえるオランダ人」序曲/ヒンデミット
イタリア風セレナーデ/ヴォルフ
弦楽四重奏のための5つの小品/シュルホフ
 Ⅰ.ウィンナーワルツのように
 Ⅱ.セレナータのように
 Ⅲ.チェコ風に
 Ⅳ.タンゴ・ミロンガ風に
 Ⅴ.タランテラ風に

福留史紘、水谷晃(Vn)
大角彩(Va)
伊藤文嗣(Vc)

足の故障のリハビリで2km走り、所用を足し、職場で業務の確認をした後、急いでりゅーとぴあへ。スピーカーからワーグナーの「『さまよえるオランダ人』序曲」が流れるなか、開演5分前に滑り込み。
感想は、「珍しくも興味深い曲達に知的好奇心を刺激される」です。
まずはヒンデミットの「朝7時に湯治場で二流のオーケストラによって初見で演奏された『さまよえるオランダ人』序曲」。調子はずれでガサツ、変に力みかえった風情で有名な歌劇の序曲が奏され、ちょっと真面目な表情も挟みつつ、大騒ぎして冗談を演じました。
続いてヴォルフの「イタリア風セレナーデ」。軽やかな羽音に乗って、艶やかに光る糸筋が伸び、濃厚に粘(ねば)る筆跡を残し、硬質な響きで打ち付けて、美しく仕上げました。
プログラム最後はシュルホフの「弦楽四重奏のための5つの小品」。洗練された酩酊で装い、羽虫の飛行で彩って、光沢を見せる「ウィンナーワルツのように」。怪しく漂う水蒸気で飾り、角ばった煙を張り巡らせる「セレナータのように」。快速で飛ばし、車体の振動で揺らす「チェコ風に」。とろりとした塩加減で油を滴(したた)らせ、東洋の翳りを滲(にじ)ます「タンゴ・ミロンガ風に」。ふらふらと歩み出し、激しく鬩(せめ)ぎ合い、切迫した勢いで興奮を掻き立てる「タランテラ風に」。伝統の美を巧みに捩(よじ)らせて、新たなる価値を創造しました。
会場からは大きな拍手が贈られ、それに応えてのアンコールはハイドンの「ロシア四重奏曲第2番」の第4楽章。明るく愉しげに奏で、最後にオチまでつけて、にぎにぎしく終演となりました。
ちょっと捻(ひね)った曲達で、ユーモアも交え、素晴らしい演奏で楽しませて頂いたことに感謝して、気分よく帰路に付きました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する